だらだらとかんがえる


シェルビーはつめきりもへいき、えらいぞ。ホシはダメだったんだよ。





アメリカ独立記念日、月曜日だけどおやすみだ。

20160704_171633.jpg
壁ばっかりの週末であった


私が初めて渡米したのは28年前、生まれ育った日本で過ごした時間よりもこの国での生活のほうが長くなってしまった。いつのまにか30年近くも、ほとんど運だけでよくもここまできたもんだ。


ところでこの国にはとにかく問題が多い。国内の政治や国外との外交、人種問題に貧富の階級差とてんこ盛り。たまに(こら)ニュースを見るとこの国がどこへ向かっているのかどんよりと不安になる。ここにはいろんなヒトがいてそれぞれの思いが食い違ってぶつかって争いが絶えず、その醜さのスケールがまたやたらとデカイのだ。

20160704_171227.jpg
るなはあめりかん


でも私はまだこの国が好きだ。


私の今の生活は行く先々でチャンスをくれた人達のおかげ、そして彼らはみんなアメリカ人だった。ひとつの国としてみればもうめちゃくちゃに見える一面で、実際に私が出会った一人ひとりで「あ、コイツ駄目だ」と思った割合はとても低い。

そして大都会に住む結果として毎日多様な人種にまざって生活しているので、普段から触れる文化も多様だ。逆に都会をはなれれば大自然の雄大さは圧巻で、このとてつもなく広大な国の様々な美しさには言葉がでない。


だいたいだな、自慢じゃないけど壁に開いた穴の修理ができる日本人女性がどのくらいいるというのだ。これもここで学んだ技術。

20160704_171157.jpg
じまんじゃん、しょーもないけど


イベントの最初に国歌を歌うのはここではフツウ、土曜日の独立記念のコンサートでももちろんあった。全員が立ち上がって聞き入り、多くははあわせて歌う。そして曲が終われば大拍手。こんなふうに自分の国に誇りをもって胸をはることは、あまり日本では見なかったような気がする。

問題を抱えていない国はないし、逆に素晴らしさをもたない国だってないだろう。日本に戻るのはいつでもできる。アメリカがその美しさと素晴らしさを失ったと感じないかぎり、私はここにいる。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

Leave a reply






Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

trackbackURL:http://kinakomame2.blog.fc2.com/tb.php/957-16f4afbc
該当の記事は見つかりませんでした。