プロ不孝


食べるの大好きシェルビー。もっと太ったらもっとかわいくなるよ。





いつも髪を切ってくれるベトナム人のおばあちゃんとはもう15年来のおつきあい。孫もいるし60をとうに超えているけれど、サラサラロングヘアーでタイトなTシャツを来て私よりよっぽどファッショナブルな元気ばーちゃんだ。

20160504_104138.jpg
るなもかっとする


ハゲるなにはカットするモノがありません。


カラリングは勝手に色を決めるし頼んでないトリートメントもばんばんやってしまうが、このばーちゃんは腕がいい。髪を短くしていた頃は、よく知らない人に呼び止められてどこでカットするのか聞かれたものだ。最近はそういうことはなくなったが、これは私が無精になって伸ばしっぱなしにし始めてばーちゃんが腕をふるえないせい。

それでもなんとか見れるようにしようと努力をしてくれる。


ばーちゃん 「前髪はどうする?」

私 「んー、こんなカンジがいいよね」


と、指差したのは雑誌の表紙にあったブリットニー・スピアーズ。

20160504_104413.jpg
トシとカオとたいじゅうにむりがあるよ


うん、おかーさんもそう思う。ここは笑うところだよね。

しかしばーちゃんは顔色も変えず間髪入れず、「おーけー」と言ってドライヤーを使い始めた。さすが、ばーちゃんは接客もプロ。


そしてトシとカオと体重に無理があるのでブリットニーではもちろんないが、いつも仕上がりはそれなりのモノができる。問題は私にカノジョのスタイリングの技術がないので、明日の朝はいつものもっさりになってしまうこと。ばーちゃんごめん、努力しがいのない客で。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

Leave a reply






Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

trackbackURL:http://kinakomame2.blog.fc2.com/tb.php/896-3684c9d3
該当の記事は見つかりませんでした。