夏色と冬色

ご近所さんの屋根に、瓦でおじさんとロバが描いてある。

IMG_3513.jpg
どこへ行くんだろう


なんか、いいなあ。おじさん、屋根に描いちゃうほどロバ好きなんだねえ。


今日のお散歩ではずいぶんと念入りに匂いをチェックしていた。あっちでしっかりくんくんしたら、こっちもちゃんと調べる。そしてさっきのところも戻って来て再確認。アヤシイ所は掘り下げて特別調査。

IMG_3568[1]
掘り下げてます


昨日のるなもこの空き地に興味深々だった。ひょっとしてねずみさんかもぐらさんの生活に変化のある季節なんだろうか。夏も終わりに近づいているし、自然はどんどん変化する。ヒトにはさっぱり違いがわからないが、イヌはいろいろわかっているのかもしれない。

IMG_3559[1]
おかーさんも手伝ってよ


エンリョしときます。ガンバリたまえ。


さて、ホシのコートは、fawn(仔鹿色)と言われる。茶色というか、金色というか、明るめの黄褐色。私はこれを、枯れ草色と呼ぶ。夏の色だ。

IMG_3574[1]
ホシを探せ


春から秋まで雨の降らないこの地方、夏には下草が全部枯れる。これが完璧な保護色になり、ちょっと背の高い草むらに入ったり距離が離れていたりするとホシはすっかり見えなくなってしまう。だから探すときはホシほんにんではなく動くハーネスが目印、大きなどピンクのリボンでも付けてみようか、わかりやすいように。

IMG_3584[1]
これでどう?


うん。ジャスミンの藪をバックにするとよく見えるね。

これがるなだと、どこにいようが嫌でも目に入る。

IMG_3504.jpg
夏の盛りに冬色だから、目立つ


今度、雪山へ遊びに行こう。









よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

4 Comments

ハヤコのかあさん says..."仔鹿色ですかぁ"
なんか微笑んでしまう色の呼び方ですね。
そんな色の土地の下では、私たち人間では気づくことのできない、次の季節への動きがあるのでしょうね、季節は確実に変化しているのでしょうね、動物たちの能力って、すごいなぁって、いつも思います。
るなちゃん、真っ白な雪じゃあ、ほしちゃんと一緒でハーネスが目印ですね、絶対(笑)
2014.08.24 04:18 | URL | #- [edit]
ぷにゅママン says...""
ホシちゃんの色、綺麗ですものね。
うちのちびちびも黄色(本当は赤って言うらしいけど、私には黄色に見える)・・・
るなちゃんは思いっきり真っ白、こちらも綺麗ですね。
春から秋まで雨降らないんだ、こちらとは気候が随分違うのかな。

ホシちゃん、でっかいでっかいリボン、似合いそう。
るなちゃんも雪山に行ったらピンクのでっかいリボン着けなくっちゃね♪
2014.08.24 05:32 | URL | #- [edit]
あが says...""
地震の被害はありませんでしたか?
ご自宅が工事中ということもあり心配しています。
ホシちゃんるなちゃんも平気でしょうか。

ブログの記事のこういう普通の日常ってありがたいですよね。
2014.08.24 15:10 | URL | #bi94IFRw [edit]
Oklahomafrost says..."コメントありがとうございます"
>ハヤコのかあさん

季節によって、イヌたちの行動は確かに変化していると思うのです。誰に教わらなくても、インターネットがなくても、ちゃんとわかっているんですよね。本当に、すごい。

雪山では、るなに大きなリボンをつけましょうか。


>ぷにゅママンさん

この辺は、一年が乾季と雨季に分かれます。四季は、ありません。ヒトはボケてしまいますが、変化が少ないように見えて自然はちゃんと動いているんですね。

ホシは、びっくりするくらい女の子らしい飾りが似合いません。るなは、もっと似合いません。でも、だからこそ、やってみたい。


>あがさん

えへへ、メッセージをいただくまで地震があったことすら知らなかったのです。心配の甲斐もないやつですが、ありがとうございます、全く持って無事でございます。ホシあたりはびっくりしたかもしれませんが、ヒトが全く気付きませんでした。

広島といいナパといい、災害の被害を見ると何もない日常がしみじみ嬉しいですね、本当に仰る通りです。
2014.08.24 23:26 | URL | #jEdBk3EI [edit]

Leave a reply






Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

trackbackURL:http://kinakomame2.blog.fc2.com/tb.php/274-8512f082
該当の記事は見つかりませんでした。