るなの行き場所

さ、帰ろうか。


えー


そういわずに。おかーさんは明日おしごとなのよ。

行きと違って明るいうちだったけど、ちょっとぷくぷく言っただけで比較的スムーズにドライブを過ごし、午後2時ごろ無事帰宅した。本当は夜移動したかったけど、実は3時からるなのドッグシッター候補さんのお宅にお邪魔する予約が入っていたので遅れるわけにはいかなかったのだ。


そうなの?


そうなの。おうちに犬だけおいときたくない時とかお泊りに犬を連れていけない時などのため、るなを預かってもらえるところを探しているのだ。ホシにはすでに行きつけのデイケアがある。

実はるながまだ一時預かりだったころ、ホシのデイケアにるなのことも頼みに行ってみた。そうしたらまさかの契約拒否!理由はるなが純粋なピットブルに見えるから。るなはシェルター出身で詳しい犬種はわからない。るなの写真を見たオーナー、実際に見てみないとわからないけど多分受け入れかねると。ホシだってピットブルだけどどう見てもミックスだからオーケー、でもるなはだめ。

ピットブルは闘犬として造られた犬種だから、いつ沸騰するか分からないから、るなはピットブルみたいだから、るなはだめ。

すごく腹が立って悲しかった。もうホシを連れていくのもやめようかと思った。るなはホシよりずっとやさしい。ホシよりずっと社会性がある。でもるなはピットブル。るはなだめ。

でもそれが今はまだ普通だ。ここは他と比べれば良いほうだ。オーナーには彼の責任があって、自分のビジネスを守るためにどこかに線を引かなければならない。一頭一頭時間をかけて観察して、それぞれの性格を把握してから判断する余裕はない。だめなものはだめなのだ。るなを実際に連れては出直さなかった。


ままおこっちゃだめよ


うん、怒ってもしょうがない。ホシのデイケアには行かせたくなかったけど、どこかに預けなきゃいけない時は必ず来る。ミックスなら受け入れてもらえる。純粋なピットブルか他の犬が混ざっているか調べるためにDNAテストをオーダーした。

ところが。

オーダーしたのはいいけれど、そんなことよりも重大な事実が判明した。ピットであろうがミックスだろうが、こいつら、よそで一緒にいちゃだめだ。

ホシには犬の好き嫌いがあるが、大勢の犬の中でもそつなくこなせる。るなはどの犬ともうまくやる。

でも困ったことに二頭が一緒にいると、ホシはなぜか他の犬が気に入らない。そしてるなはあろうことかホシに同調してしまう。るながいるとホシは他の犬に吠え、そしてホシが吠えるものにるなは吠えるのだ。

どちらも実際に攻撃はしないけれど、でも興奮して吠えたてて、追い詰められた相手がかかってきたら?やっぱり本当の喧嘩になるだろう。

ピットブルに対する世間の風当たりには憤りを感じるが、彼らのパワーが絶大なのは本当なのだ。間違って本気の戦いになったら絶対誰かが怪我をする。だいたい、るなが犬の好き嫌いを覚えたら取り返しがつかない。だめだ。絶対だめだ。


だからるなには他を探す。今日行ったところはふつうのおうち、子供が5人いて、お母さんは専業主婦で、お父さんは自宅勤務が多い。ヒトが大好きなるなにはいいようだ。思った通り子供相手にも落ち着いていた。

子供とるなが一緒にいるときは大人が一緒にいること、子供には犬を怒らせたり驚かせたりさせないこと。双方で合意して、とてもいい感じで最初のご挨拶は終わった。

年が明けたらトライアルをしてみよう。最初は1時間くらい預かってもらって、馴らしていこう。るなは、絶対大丈夫。


 ホシはしばらくデイケアに行っていない。たまに行かないと忘れてしまって他の犬と喧嘩しないだろうか、こっちのほうが心配になってきた。こんど連れて行こう。

2 Comments

says..."Only the administrator may view."
Only the administrator may read this comment.
2014.08.06 21:21 | | # [edit]
Oklahomafrost says..."コメントありがとうございます"
>鍵コメさん

デイケアもお商売ですから、万が一何かあった時にもしピットブルが関わっていたら、そのことに責任を問われるのがいやなんでしょう。犬種じゃなくてそれぞれのイヌの性格を見てほしいですが、そこまでやる気はないということでしょうか。

さいわいこのあとすぐに、インディママさんというオトモダチと出会えたので預かり先は確保したのです。私たちはラッキーでした。

ピットブルの強さと忠誠心を悪用する人間と、ピットブルというだけで排除しようとする人間と、両極端の間でどれだけのピットブルが苦しんで殺されているかと思うと悲しいですね。それでも一時の熱狂的な排除ムードは和らいだような気はします。一晩で解決することではありませんが、このコたちの立場が早くよくなるように願ってやみません。

かわいい、と言っていただいてありがとうございます。これからもいっそうおバカを目指して頑張りますのでよろしくお願いしますね。
2014.08.06 23:16 | URL | #jEdBk3EI [edit]

Leave a reply






Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

trackbackURL:http://kinakomame2.blog.fc2.com/tb.php/183-b17b93d4
該当の記事は見つかりませんでした。