もどってこい

遠出してみた。

るんるん


ここは犬のノーリードオッケーのところ。るなはホシにぴったりだから問題なし。ホシはちゃんとヒトについてくるけど、もし途中で知らない犬に会ったらちょっと心配なのでロングリードでスタート。

山の上から降り始めて、谷底に流れている川で少し遊んで折り返すコース。平日の午後、誰にも会わない。川についてからホシのリードを外してみた。


あらよっと

川越えだってもうお手のもの。結構遠くまで走り回って、でも時々私が向こう岸にいるのを確認して、10分ほど遊んだらちゃんと戻ってくる。彼女たちは必ず戻ってくる。戻ってくるんだよ。

こちら岸に戻ってきた後、ずっとオンリードで歩いていた反動か、何か野生動物を見つけたのかホシのスイッチがいきなり入った。フルスピードでかけだし、必死で追いかけるるなを引き連れてあっという間に見えなくなった。

いつもならすぐにまたフルスピードで戻ってくるんだけど、今回はなかなか帰ってこない。呼んでも反応がない、耳を澄ませても何も聞こえない。

どこかとんでもなく遠いところに行くことは考えられない。落ち着いたら絶対戻ってくるのはわかっている。でもだんだん心配になってきた。

とりあえず歩き出すが、ホシを呼びながら一人で歩いているとどんどん嫌な想像をしてしまう。知らない犬に会って喧嘩になったら? どこかで怪我をして動けなかったら? 後悔と心配がむくむくとわいてくる。

3分の1くらいの地点で後ろからるなの首輪につけた鈴の音が聞こえた。振り返るとるながこちらに歩いてくる。ほっと安堵して、と同時にまた心配がどっと来た。ホシがいない。どこかで怪我をしてるのか? いやいや、単にるながホシについていけずはぐれたんだろう。

ずっと走っていたらしく息遣いが荒い。とりあえずるなに水をやらなければいけない、車に戻って、それからホシを探しに戻ろう。

出発点まで半分ほどもどったころ、後ろからホシの息遣いが聞こえてきた時は膝がくだけそうになった。登りの山道を急いで歩いてきたので汗だく、息は切れ切れ、安心と拍子抜けでもうぐちゃぐちゃ。ホシにリードをつけて歩き出すが続かない、何度も立ち止まって休まないと動けない。


まだなの?


誰のせいでこんなに参ってると思ってるんだ!? おかーさんは中年の運動不足のデブなんだからもう少し思いやりを持ちなさーい!


ままちゅーねんなの?ままはままでしょ?


おかーさんはおかーさんだけど、中年でもあるんだよ。そしてふたりが無事だからおかーさんは幸せなんだよ。

彼女たちは絶対戻ってくる。戻ってくるけどもうちょっとお手柔らかにお願いしますよ、ほんと。

Leave a reply






Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

trackbackURL:http://kinakomame2.blog.fc2.com/tb.php/181-6880fb6b
該当の記事は見つかりませんでした。