今年最後の日

朝の散歩中、霧に出くわした。



かすんでるなーと思ったら


あっという間に真っ白に。上と下の写真、時間にして1分くらいなのに視界が全然違うのがわかるだろうか。
あれれ?


囲まれた。へえ、霧って移動するのね。

白い世界って、不思議だ。明るいのに、すぐそばにあるはずの景色が見えない。全ての色がふんわりと薄くて、屋外にいるのに閉じこもっているような、世界が自分の周りだけになったような感覚。

などとぼけーっと考えているうちに、深くなるのと同じスピードで晴れてきて、すぐに太陽が見えた。

またこれがなかなか幻想的。


いつも車とか家の窓から見るだけで、霧についてなんかじっくり考えたこともなかった。

窓ガラス一枚、通すと通さないとでは感じるものが違う。車で時速50キロと、近場を徒歩では見えるものが違う。イヌの散歩をするようになって、当たり前のものをほんの少し違う視点から見るようになった。かすかな匂いに季節を感じたり、すぐ近所に知らなかった街並みを見つけたり。今日の霧もまたその一つ、イヌのおかげで小さな発見。

今年最後の最後に貴重な体験をしたような気がして、ちょっと嬉しい。今年はなかなか良い年だったような気がする。来年もこのままこのまま。





で、るなの番になったらすっかり晴れ。

きり?おいしいの?


…おじょーちゃん、そのお顔は羽根つきで負けたの? るなは大晦日も変わらない。これはこれでまた良し。





来年もよろしく。ついでにランキングもお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

Leave a reply






Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

trackbackURL:http://kinakomame2.blog.fc2.com/tb.php/167-bdc86098
該当の記事は見つかりませんでした。