しゅっぱつ


今空港でこれを書いている。

イヌはそれぞれお泊り先に落ち着いた、まずシェルビーは昨日の夕方からお預かり。

みんな あたしを かまいなさいっ


インスリンの注射をしてもらわないといけないし腫瘍から出血する心配もあるし、それにどうせよそのイヌと接触させたくないのでシェルビーは獣医さんで預かってもらう。基本的にケネルに入っていることになるけれど、一日じゅうだれかの目があるしシェルビーは人気者なのでたくさんかまってもらえる。うちのベッドルームでひとりでお留守番、と大差はないと思うのだ。

それでも一抹の不安はあって。シェルビーは不死身だし大丈夫なのはわかっているけどやっぱりね。心配ないよ、たくさん遊んでもらいなね。じゃあ行ってくるからね、とシェルビーとジブンに言い聞かせて昨日は獣医さんをあとにした。


対するるなレジは具合が悪くなる懸念はないがケネルにおとなしくおさまっているはずもないので、ワイルドに走り回る土地のあるペットリゾートに放り込むと決まっている。壊れる心配がないとどうしても扱いが雑になるなあ。

IMG_3855.jpg
広ーい!


ここは環境がいいし世話をしてくれるおばちゃんも信用できるがなにせ田舎なのでどうにも遠い。シェルビーを昨日からお預かりに出したのもこいつらを連れて朝イチで出発しないと預けたあとヒコーキに乗れないからなのだ。

オマエら、おかーさんの苦労をちゃんとわかっているのか。いやわかっているはずはないけれど。

IMG_3860.jpg
あそぼー     探検しましょう!



あてがわれた区画に放したとたん、どちらも探索に夢中で森の中に見えなくなった。オーナーのおばちゃんも大好きだし楽しそうなのでやっぱり苦労なんぞわからんでよろしい。

こっちはヒトとの接触は少ないが自然はたっぷり、退屈するヒマはなかろう。じゃあね、と去るときもあんまり気にされなかった。とにかくなにも壊すなよ。


そうしてドウブツから離れたらさあシゴトだ、たまにはマジメにサラリーマンをせんとクビになる。これからヒコーキでフェニックスへ飛び、そこからまた2時間運転してグランドキャニオンの近くのフラッグスタッフという町へむかう。グランドキャニオンを見る暇はなかろうがせめて帰りの運転中に雄大な景色がみられるといいなあ(シゴトの心配はせんのか)。

そういうわけで、いってきます。







シェルビーは里親さん募集中





よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kinakomame2.blog.fc2.com/tb.php/1543-ffcae913
該当の記事は見つかりませんでした。