ふくざつ


毎回とれるわけではないがタテマエでは旦那は隔週金曜が休みで、おまけに月曜日はカイシャによって休みだったりそうでなかったりするマイナーな祝日がありヤツは今回なんと4連休。私は普段から金曜は休みではないしうちの会社は月曜も休みではないのでフツーの2連休。ちっ。

ぱぱにおねだり


さて。

買い物の帰りに駐車場で若いカップルとすれ違い、ふと見ると彼女の腕にはフレンチブルドッグのパピーがボーっと抱かれていた。生後数か月と思われる、ぽっちゃりしてぷっくりしてふわふわして真っ白で、もうカワイイという言葉ではあらわせきれないくらいカワイくてその場で悶え死しそうになるくらいカワイイ。取り乱して言い忘れたかもしれないけれど、もんのすごくカワイかったんだよ。

…というのは大げさで、いやこのコはとてもカワイかったのだけれど、実は私はほんの一瞬すれ違っただけのパピーにとてもフクザツなキブンになったのだ。

IMG_2988.jpg
るなも、ぼー


フレンチブルドッグの多くは自分たちで生殖できず、人工授精と帝王切開によりヒトの手で繁殖させる。パピーのカンペキなルックスからしてもこのコはまず間違いなくブリーダーから買われた血統書つきの純血種であろう。

私自身は犬種の保全にまったくキョウミがないが、愛がゆえにかける特定の犬種の性質や外見の保存への情熱に共感はしなくても理解はする。私だってすらっとしたハウンドが大好きだ。

IMG_3016.jpg
ぴっとぶる でしょっ


いやピットへの愛はあとからきたというか選択肢がなかったからなりゆきというか、モゴモゴ。いや論点はそこじゃなくて。

ブリーダーの情熱は理解するがその存在には苦い思いがつきまとう、私の感情はフクザツだ。

IMG_2982.jpg
僕のブリードはその他モロモロ


アメリカでは毎年100万頭以上の犬がヒトの手によって死んでいくそうだ。日本での数はそれより少なかろうが、それでも数万はくだらないだろう。その数の多さに私のアタマはついていけない。

そのほとんどは健康にも精神にもまったく問題のない、ただ引き取り手がないというだけで殺されるのだ。温かい家族を待ちながら冷たい床の上で死んでいくイヌが毎日想像すらできない数いる反対でわざわざ新しい命を作り出すことにどうしてももろ手を上げての賛同はしかねる。


ところで、当然だがここで私が言うブリーダーとは犬種が好きで時には金銭勘定抜きでイヌの健康と幸せを第一に計画的に繁殖をするヒト達のことで、パピーを売るために親イヌの福祉もパピーの健康も無視したバックヤードブリーダーやパピーミルを含まない。これらはもう問題外、たとえ法にふれなくても命に対する犯罪だ。

IMG_2977.jpg
シェルビーは愛でできている


もし全国のシェルターがみんな空っぽだったら私の考えも違ったろう。ヒトが造ったイヌというドウブツをゴミとして処分するのではなく、ヒトが造ったドウブツだからこそ責任をもって幸せにする、そんな社会になるまでブリーダーは私にとってつらい存在だ。


新しいスマホを買うように新品のイヌを買うのではなく、ひっそりと家族を待っている中古のイヌを迎えてあげるヒトが増えてほしい。純血だろうが雑種だろうが命の重みは同じ、その与えてくれる愛の大きさにはなんの違いもないのだから。







シェルビーは里親さん募集中





よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

2 Comments

Yoko says...""
全く 同感です。確かに pure breed の 保存に努めている方たちには それなりに 敬意を持っていますが、お金儲けの為 残酷な 環境で 無理矢理子犬を産ませて 産めなくなると 捨てたり 殺したり。一体 人間に 誰がそのような権限を与えたのでしょう。ましてや dog fight に使われる犬達…そのほとんどが ピットです、ピットの 人間に対する並ならない強い忠誠と愛情を 実に過酷に利用して。犬は自分が殺されても 飼い主を喜ばせようと 戦ったり もっと酷いのはbait dog として 使われます。
そんな犬達皆を救う事は出来ませんが 我が家に来てくれた ピット ミックスの 犬だけは 幸せになりしてやろうと 努力しています。
2018.01.14 16:46 | URL | #- [edit]
Oklahomafrost says..."コメントありがとうございます"
>Yoko さん

動物の幸せよりもお金儲けが先走り、増やしては売るを繰り返すというのは論外ですね。売却目的でないのに避妊をせず、うっかり仔犬が生まれたら何も考えずに処分するというのも悲しいことです。とにかく「いらない動物」が多すぎる現状でパピーが増えるのはどうにも賛成できないのです。
それでも時とともに改善はされているのでしょうが、その遅さがもどかしくて。Yoko さんのような人ばかりならこんな問題はそもそも存在しないのですよね。
2018.01.14 21:32 | URL | #jEdBk3EI [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://kinakomame2.blog.fc2.com/tb.php/1518-63c37e75
該当の記事は見つかりませんでした。