穴掘り>ガウガウ


今日もホシは狩る。

ヘイヘイホー


と、お楽しみに没頭していたら、むこうからお散歩中のイヌが近付いて来るのが見えた。ホシはまだ気が付いていないが、このままでは2メートル位の距離ですれ違うことになる。ちょっと近過ぎる、ガウってしまうかもしれない。

あわてて呼び戻し、そのまま立ち去ろうとしたらホシは少し移動したところで立ち止まりそれ以上動かない。どうも穴掘りは今いいところ、このままにはしておけぬ、ということらしい。

すれ違い時の推定距離約5メートル、まだ近い。仕方なく向こうに背を向けてオスワリをさせ、ロックオン及びガウガウの心の準備をする。


相手は小さ目のスタンダードプードルか、大きなミニチュアプードルかな? ビシッとツケでまっすぐ歩き、飼主さんも前を見たままどんどん近づいてくる。トレーニングをきっちりやって、よそ見をしたり、だれかにガウったりすることなんかイヌも人も考えたこともないような、そんな感じ。


ホシはそういう風には歩かない、ツケの練習はしていない。お散歩はホシの楽しみのために行く、好きな所を歩いて好きに遊べばいいと思うから。よその庭に入りそうになったり何かを避けたい時だけ呼び戻す。カッコよくないけど、それでいいと、私は思う。

そう思っても失敗してガウってしまうと落ちこむ。間違っているかと悩む。色々なものが怖くて、いつもナーバスでいるならホシが辛いだろう。でも、ツケで歩かせたり絶対服従をさせるトレーニングでホシをリラックスさせられるとはどうしても思えないのだ。

獣医さんに相談してみようか。


などという私の葛藤をキレイに無視し、通り過ぎる相手のイヌも全く無視し、当のホシはただ穴掘りに戻りたいとそちらばかりチラチラ気にするのみ。

はやくはやく


オッケーをかけると元の場所へ一直線、何事もなかったようにホリホリ再開。いや、何事もなかったんだけどさ。

その上今日初めて、自分からクルマへ戻ってきた。凄い!満足できたってこと?ホシのレベルが上がった!

そんなに魅惑的な巣穴だったのか。偶然かもしれないけど、何でもいいぞ。おかーさんは嬉しいぞ。


こうやって怖いものがどんどん減っていけばいい。





頑張るのでよろしくおねがいします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

Leave a reply






Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

trackbackURL:http://kinakomame2.blog.fc2.com/tb.php/147-fe89f8ae
該当の記事は見つかりませんでした。