できること


はじめに - 避妊をしていないメス犬の糖尿病発症率はオス犬よりも避妊済みのメス犬よりも高いです。 望まれないパピーを増やさないためだけでなく、当犬の健康と幸せのためにも避妊をしてあげて下さい。

---

さて出番は少ないがこいつらは元気。

20170707_203034.jpg
だるー


げ、元気いっぱいだな、ちょっと暑かったか。 シェルビーがうちにきて最初の一週間がすぎた、みんな元気ではあるんだけど。 


るなレジとシェルビーはいまのところ完全隔離しているので、片方といるともう片方がかわいそうになる。 覚悟はしていたけれどこれはやはり心が痛い、いつかみんな一緒にだらりんできる日がくるといいなあ。

とは言ってもできないことを嘆いていたって前には進めない、まだたったの一週間だし。 とりあえず今できるのはとにかく慣れること。 大事なのはリズムなんだよリズム、積み重ねていけばいつかたどり着けるさ。

20170709_074000.jpg
きょうも いくのね


おサンポだって毎日行くぞ。


それにしてもシェルビー、やせてるなあ。

20170709_074017.jpg
ホネホネ


初めて保護された時はこんなモンじゃなかったんだけど、これでもだいぶお肉がついたほうなんだけど、やっぱり痛々しい。 糖尿病だのからだ中の腫瘍だののせいで栄養がちゃんと行き渡らないんだね。 シェルビーの疾患はもう治ることはないけれど、今を幸せにするために私になにができるだろう。

いやいや。 なにができるだろう、じゃなくて。 

まず食事の内容とタイミングをきっちりコントロール。 はやく生活のリズムをつかむこと。 そして血糖値のモニターをきちんとすること、環境と生活が変わったのでインスリンの量を獣医さんに見直してもらわないといけないからな。 データ収集は得意だ、まかせろ。 血糖値が落ち着いたら癌の専門家にも行くんだし。

そして、大好きだよ、とことあるごとに伝えること。 やることなんぞいくらでもあるぞ。

それから、勢い込んで空回りにならないこと。 私はこの失敗をよくやらかすので注意が必要だ。 長期戦なんだから肩のチカラを抜け、ジブン。


それにしてもほんにんがいたって元気なのが救いだね。






よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2 Comments

says...""
ありがとうございます!
シェルビーを助けてくれてありがとうございます!
2017.07.10 08:36 | URL | #- [edit]
Oklahomafrot says..."コメントありがとうございます"
>ミステリーコメントさん

シェルビーを助けたのはぷにゅママンさんで、私はそれを引き継いだにすぎないんですが役不足ながらもがんばります。シェルビーをどうぞ応援してください。
2017.07.10 21:01 | URL | #jEdBk3EI [edit]

Leave a reply






Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

trackbackURL:http://kinakomame2.blog.fc2.com/tb.php/1331-afaa31a5
該当の記事は見つかりませんでした。