いろんなヒトにありがとうがんばるよ


シェルビーはいろんなヒトに生かされている。


まず誰よりなにより、もちろんぷにゅママンさん。 ガリガリで生きているのが不思議だったシェルビーにありったけの愛をそそぎ、毎日の食事をつくり血糖値を監視しインスリンを調節しボコボコ出てくる腫瘍を見張り何度も救急病院に駆け込み、あと6か月と言われた命を2年以上世話してきた。 

安楽死を勧める獣医を数年かけて説き伏せ、最後まで付き合うと言わせたのは並々ではできない。 私がシェルビーの前の獣医と電話で話したとき、彼女はシェルビーを 「ミラクルドッグ」 と呼んだ。 それは全部シェルビーとぷにゅママンさんの頑張りの結果なのだ。

ぷにゅママンさんがいなければ、シェルビーは今ここに生きていなかった。 それは100%絶対の事実だ。

20170708_171507.jpg
ごはん まだ なのおー?


そしてたとえば、Smiles@LA のあがさん。 犬の栄養や健康についてコラムを書いていらしてその知識は豊富、ブログの主役のニコちゃんニヤちゃんは毎日きちんと計算されたごはんを食べてシニアになっても美しく元気で若々しい。 すごいなあ、と思いながら何年もフォローしてきた超大物イヌブロガーさんだ。

シェルビーを引き取るにあたって私は一面識もないこの超大物に連絡をした。 ぶしつけな私にあがさんは嫌そうな素振りはチラとも見せず、手作り食についてサプリについて糖尿病について、事細かにわざわざ調べて膨大なアドバイスを下さり本当に心強かった。

20170708_174128.jpg
だから まだ なのっ?


シェルビーに寄付してくださったヒト、獣医や専門医、それにブログやSNSなどで応援してくれるヒト。 みんなシェルビーを愛していて、みんながシェルビーの幸せを願っている。

そしてそんなミラクルシェルビーは今うちにいる。 ぷにゅママンさんやあがさんには遠く及ばない迂闊なぽっと出イヌ飼いでは知識も経験も時間すら足りない。 でもシェルビーはただのいっぴきのイヌではなく、いろんなヒトの努力と想いと愛を背負っている。 私の錆びついたアタマででも必死に考えなければバチがあたるというものだ。

20170708_173030.jpg
たべたら おそとに いくからね


シェルビーの食事をドッグフードに移行することに決めたのは、その足りないアタマで出した結果のひとつ。 


ぷにゅママンさんのノートと首っ引きで、またあがさんのアドバイスを聞きながら、オタオタと手作りを続けているがシェルビーの血糖値は下がらない。 このまま私が試行錯誤をする時間をシェルビーは待っていられないというのが行きついた結論だ。 るなレジと同じブランドの、計算されて完成された高品質のフードを、まあ今すぐといっても少しずつ、徐々に切り替えていく。 

でもずっとおいしい手作りごはんを食べてきたシェルビーがフードを食べるかどうかわからないがそのときはその時。 そうなったらハラをくくってつくってやろうじゃないか。 


できることからやる。 できることならなんでもやる。 シェルビーは今たまたまうちにいるけれど、私だけのイヌではないのだから。

20170707_194514.jpg
ぜんぶすんだら ねるのー


それにしてもヒドイ写真だ。 この部屋は暗いんだよな、いいカメラのついたケータイ欲しいなあ。






よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

4 Comments

says..."Only the administrator may view."
Only the administrator may read this comment.
2017.07.08 23:33 | | # [edit]
Oklahomafrot says..."コメントありがとうございます"
> プライベートコメントさん

応援してくださって心強いです。良い手作り食>ドッグフード>悪い手作り食だと考えているので、今の私の足りない知識でこれが良いのか悪いのか不安を抱えながらフラフラ寄り道している場合ではないと決めました。おっしゃる通りその時に最適な処置は個人の状況によって違うんですね。
2017.07.09 19:10 | URL | #jEdBk3EI [edit]
says..."Only the administrator may view."
Only the administrator may read this comment.
2017.07.10 07:45 | | # [edit]
Oklahomafrot says..."コメントありがとうございます"
> 秘密コメントさん

ありがとうございます。今はちょっといっぱいいっぱいですが、慣れれば楽になると思います。 シェルビーは本当に愛されていますね、応援してください。
2017.07.10 20:59 | URL | #jEdBk3EI [edit]

Leave a reply






Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

trackbackURL:http://kinakomame2.blog.fc2.com/tb.php/1330-4f570e48
該当の記事は見つかりませんでした。