ライアン・ホールのように


今週に入って、るなの朝のお散歩のときにジョギングをしている。

いや、ジョギングと言うのもおこがましい、おばちゃんがどすどすと跳ねているような、スローモーションのような、見苦しいことこの上ないシロモノ。名付けて、カバのスキップ。

だいたい横を行くるなの足取りが変わらない。今までは私の前を歩いていたのが、ちょっと背後になった程度なのでそのスピードは推して知るべし。

おまけに、るなは道草大王なので、100メートル歩いては止まり、200メートル進んでは止まり、挙句の果てには座り込む。しかし基本はイヌのための散歩なので、るなにかこつけて私はこれ幸いと休みまくり。

のんびりは、あんまりかわらない


それでも、帰宅すると汗だくだし、筋肉痛で体が痛い。家の中では90歳のおばあちゃんのように歩いている。色んな意味で、あいたたた、な状況。

そして、私がヘロヘロなのに、イヌ達と言えば。

さあ、おさんぽのあとは、うんどうのじかん


キミ達、どんだけ元気。

こいっ!やあっ!


浮いてるし。

若いモンは、いいなあ。


先に言ったようにお散歩はイヌのためなので、ツケでずっと一緒に走らせたりはしない。嗅ぎたい匂いがあれば嗅げばいいし、座って休憩したかったらそうすればいい。ちゃんとジョギングをしたければ私は別に一人で出るだろう。

でもしばらくは、これで十分。まずカバのスキップで筋肉痛にならないようになってから次のことを考えよう。ライアン・ホールには、遠い。





ヨレヨレのおばちゃんに、クリックで慰めを。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ

Leave a reply






Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

trackbackURL:http://kinakomame2.blog.fc2.com/tb.php/102-389f930c
該当の記事は見つかりませんでした。