るながねる


夏のシカゴは湿度が高い、外を歩くたびにまとわりつくような空気をかきわけている気がする、肌をじりじりと焼くような熱さとはまた違った不快感。

見慣れない景色が広がっている


踏み歩くとパリパリ音がする茶色い地面に慣れてしまっていると、一面のみどりいろがなんかきもちわるい。池とかがそこらじゅうにあるんだけど、なぜなんでもないところに水がたまってるんだ。ここはなんだか歪んだパラダイスか(歪んでいるのは私の認識)。


イヌのお世話をする必要もないので一日じゅうバリバリ働いたのはいいんだが、ブログのネタがない。そのうち食べたモノ特集に逃げるために一応食事の写真はとってあるけれど、今日はその前に動画でひきのばす。



聞こえないイヌの眠りは深い。


さて、晩ごはんはどうしよう。ひとりなので遠出をするのはメンドくさいがホテルのレストランは高いばっかりで楽しくない。だいたい2時間ある時差の関係でカラダがまだ食事の時間だと認識していない。

…飲むかね、やっぱり(どうあってもソコに落ち着く)。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。