夏の風物詩


今日も暑いけれどしっかり歩くよ。

かえったら いちじく たべるっ


食べ物を制限しなくなって以来シェルビーは地面に落ちたイチジクに夢中だ、一日になんども外へ出せと騒ぐし出したら裏庭に一直線。こ、困ったちゃんだな。

フガフガと必死に這いまわってひとつ残らず食い尽くす勢いで、その様子は旦那に言わせるとさながらトリュフを探すブタさんだそうだ。

IMG_9438.jpg
もっと ないー?


あんまり食べすぎるとおなかをこわす心配はあるが、痛み止めの副作用のひとつは便秘なのでおたがいがキャンセルするんじゃなかろうか。それにいちどくらい下痢したって原因が好きなモノの食べすぎなら別にかまやしない、とりあえず念のためにプロバイオティクスを食事に足しておこう。

シェルビーの食べ物に関してこんなにいいかげんになれる日がくるとは思わなかった、好きなだけ食べるがいいよ。


さて。うちのイヌは毎年フォックステールの被害にあうが、今年の一番手はるなだった。

朝はやくに旦那からメッセージがあって、るながアタマをブンブン振るばかりで朝ごはんを食べなかったらしい。あー、やったな。

運悪く日曜日なので獣医さんはどこもあいておらず、旦那は結局遠くのマチの救急病院まで片道2時間近く運転したそうだ。田舎はこういうところが不便やね、ただ田舎のおかげで処置は $120 とずいぶん安かったそうだけど。

36479933_10214625012730897_1687942982214352896_n.jpg
救急病院の受付は蝶ネクタイ


るな、毎年フォックステールを(使ってもいない)おミミに入れるのはそろそろやめようよ。だいたいピンと立ってオープンなレジーのミミと違ってビロビロでフタしてあるのにどうやって入れてるのよ。

IMG_9192 (1)
わざといれるわけじゃ、ない


フォックステールはそこら中にはえている雑草のタネだが、細かい棘があって先が刺さるとそのまま前進しかできないようになっている。いちどイヌの鼻や耳に入ったらカラダの奥へ奥へと入りこみ放っておくとエライことになる厄介なヤツだ。毎年たくさんのペットが被害にあい、うちではホシ以来全員が毎年獣医さんに駆け込む夏の風物詩だ。やめてくれ。


るなのミミから引っ張りだしたブツの写真は血がついていてちょっとアレだが、見たいヒトがいるかもしれないので追記にのせておくよ。カクゴができたら下の方の「Read More」をクリックしてどうぞ。


追記についての追記... iPhone で見たら追記が隠れていないようで、その場合スクロールしたら見えてしまうのでご注意を。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。