シェルビー


今日は、シェルビーのこと。

これまでなにも書かなかったから読んでくださっている方々には突然のショックかとは思う、とても申し訳ない。でも診断がはっきりするまで、そしてどういう処置をとるか決心するまで、自分の中で揺れに揺れていてどう書いていいかわからなかったのだ。

IMG_8237.jpg
あたしは げんきだけど?


去年の暮あたりからシェルビーがひょこひょこと歩きにくそうにし始めて、3月に腫瘍を取る手術をした際に脚のレントゲンを撮りそれ以来いろんな検査をしてきた。何枚もレントゲンを撮り直して血液検査にエコー検査、そして5月に生体検査をした。

その結果は残念ながら、右前脚の骨に悪性の癌。

IMG_8259.jpg
いいから くっきー ちょうだいよっ


余命は数か月から半年ほど、あと1年はまずもたないだろう。


シェルビーだけを大切にしてくれるおうちが欲しくてこれまで里親探しをしてきたけれど、事情が変わった。残る時間が少ないなら今環境を変えるのはシェルビーもかわいそうだし新しい里親さんにもフェアでない。昨日は譲渡会にカオを出してもう募集はしません、今までどうもありがとうと伝えてきた。

遅くなったけど、これで正式にうちのコだ。

IMG_8289.jpg
なんにも へんか ないんだけど


そう。シェルビーの生活に変化はなにもない。


シェルビーをひきとる前に元の獣医さんと電話で話したとき、「あと一年はとても生きられないと思う」と言われて私は泣いた。なのにあれからすでに11カ月、最初の予想をかるーく裏切りシェルビーはまだピンピンしている。

食欲はガッツリあるしおサンポははりきって行く、あいかわらず旦那がダイスキだし道行くヒトに愛想がいい。あと5年くらいはいけるんじゃないかという勢いで今日もカッポするシェルビーは、元気だよ。シェルビーは、ジブンをかわいそうだとは思っていないよ。 

IMG_8270.jpg
だから くっきーってば


この先の治療のハナシやこれまでの検査について、そして私が思ったこととお世話から学んだことなどは少しずつ書いていきたいと思う。でもいつ来るかわからない終わりを悲しむのではなく元気にすごせる時間を大切にしたいから、これからも続く限りできる限り軽く楽しくアホを繰り返す日々をつなげていくのでどうぞシェルビーをよろしく。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。