イヌはみる


気がつくとイヌが私を見ている。

おはよう、さわやかなあさだよ


…朝っぱらからジットリと、もっさいカオが見ている。


まあカオの美醜はおいといて。おなかが空いたとかオヤツが欲しいとかおサンポに行きたいとか要求があるとき、言葉のないイヌはヒトのカオをただじっと見つめる。

毎日のスケジュールはだいたい決まっているから、例えばオヤツの時間が近づくと寄ってきてじっと見つめられると要求の内容は見当がつく。そのうち私のラップトップをハナ先でふっ飛ばしたり容赦なく私をベロベロと舐め始めるとこちらも座っていられず、渋々と応じるとマンゾクするというのは毎日の風物詩だ。

IMG_8201_201806021047095db.jpg
はやく ちょうだいっ


でも見つめるのは要求があるときばかりではない。てっきり寝ていると思ってもヒトがちょっと動くとすぐに目をあけて私の行動を追うし、ヒトが部屋からいなくなるとすぐに後を追ってきて近くに落ち着く。何もしていなくてもふとカオを上げるとじっとこちらを見ている。

イビキをかいてるな、とそーっとカメラを構えるとなぜか気づいて起きるしな。

IMG_8203.jpg
邪魔しないで下さいよ


あんまり見えていないシェルビーだって私がほんのちょっと動くとすぐに反応して様子をみに来る。


まるでヒトの心を読むようなイヌっているよね、うちのイヌは(私に似て?)そこまで賢くないけれど。それでもこれだけいつも見つめていればほんの小さな無意識の動きまで把握してその意味を理解するイヌがいるのも納得だ。

IMG_8224.jpg
もっさい口直しに眠るるな、略してねるな


イヌはヒトが彼らを知っているよりずっとヒトを知っていて、本能的にヒトを愛することができる。たとえ同じひたむきさは無理でも、もっと見て理解して愛してやりたい。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。