カガミの苦労


シェルビーにはごはんの食べられる毎日がそれだけで贈り物。きっと今年は今までで最高のクリスマスだね。





またやってまいりましたるなレジワンポイント英語教室、またの名を通じたもん勝ちごまかし講座。

ではご一緒に。「これはカガミです」。

IMG_1300.jpg
はい、そうです


それではエイゴでもう一度どうぞ。鏡は "Mirror" ですよ、さん、はい。「ディスイズア…ミラー」。

IMG_1302.jpg
ノー


そう、違うのだ。

カタカナで「ミラー」というと "Miller" になって、これは鏡ではなくヒトの名前。「This is a mirror(これは鏡です)」が「This is a Miller(こちらはミラー家の一員です)」と、家具のハナシをしていたはずがなぜか他人を紹介することになる。

ではどうするか。

IMG_1305.jpg
どうでもいいよ


いいから付き合え。


"Mirror" はズバリ、「ミヤー」。

私はこれで通じなかったことがない。ずいぶん昔に誰かが言ったのがそう聞こえて、試しに自分で使ってみたらなぜか通じるのでずっとこう言っている。


日本人に R の発音は聞くのも言うのもとても難しい。

300年ほど前に中学校で "R" の発音を習った時は舌を巻けだの引っ込めろだの、モゴモゴと「ゥルァー」といっしょうけんめい練習されられたがこれは言う方も聞く方もどうにも苦しい。その後400年ほどアメリカにいて、私は今あの頃の自分に言ってやりたい。


あのね、"R" ってカタカナそのままの「アー」で通じるよ。

IMG_1281.jpg
あの苦労はいったい…


ミラーやスミスなどその辺にわんさかいる苗字でない限り、名前を伝える時にはかならずつづりを聞かれる。私の苗字のローマ字つづりには "R" が含まれるので最初の頃は苦労した。


私:「a... h... a... ゥルァー...」

店員さん:「は? すいません何?」


それが "R" を「アー」と言うようになってから問題ナシ、一度も聞き返されたことがない。「アー」を言い終わる時に舌先をピッとクチの天井につければなおよろしい。

どうしても "R" が通じない、という方はおためしあれ。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。