いらっしゃい


今日はお客様があった。

旦那様のお仕事の都合で上海にいる友人が帰省しているので、家族で寄ってもらったのだ。一年ぶりに会う彼女は元気そうで、とても嬉しい。

DSC04522.jpg
ようこそ


そして去年赤ちゃんだった子供は、もう赤ちゃんではなかった(当たり前)。子供の成長って、すごいなあ。

普段ちいさな子供との接点がないので、たまに機会があるとそのエネルギーには圧倒される。走って、笑って、くるくると一時もじっとしない。自分の倍くらいの大きさのるなも全然平気。

DSC04570.jpg
こんにちは


絶対ふたりきりにして目を放してはいけないが、るなもコドモは大丈夫。めずらしそうにペロペロとごあいさつしたり、手に持ったパンをこっそり奪ったり(こら)と興味深げ。ちゃんと見ていればすぐに慣れて上手に一緒に過ごせる。

DSC04578.jpg
ヒトのパピーはいいにおい


さて、このコの母親は日本人、父親はドイツ人、産まれて暮らしているのは中国だが両親の拠点はアメリカ。キミ、グローバルにもほどがあるんと違うか。

DSC04572.jpg
で、このパピーはなにじん?


お、おかーさんにもわからないよ。わからないけれど、すごくかわいくて元気で、見ているだけで楽しかった。次に会うときは、言葉を話しているだろう。それは、何語だろう。

るなも小さい子にいじられてもいいコにしていてえらかったよ。おやつもたくさん食べたし、満足したかい。


コドモとイヌのコンビはかわいすぎる。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ふりかえると、そこには


ぐずついたお天気の土曜日、るなはお散歩に行きたがらない。先週雨の中で走り回ったのは、あれはやっぱり間違いだったらしい。雨嫌いはなおっていなかった。

DSC04511.jpg
あんにゅい


るなはくいしんぼうだ。ひなたぼっこかお昼寝をしていなければ、なにかたべたい、という。お天気の悪かった今日はいつにもまして退屈だったのか、起きているあいだじゅうおやつをくれろとついて回っていた。お休みで旦那も私も一日家にいるので、おねだりする相手には困らない。

ダイニングから。

IMG_5324[1]
おなかすいた


リビングでも。

DSC04481.jpg
なんかちょうだい


キッチンにもついて来る。

IMG_5325[1]
それなあに?おいしいもの?


金魚のかげから。

IMG_5333[1]
ごはんまだ?


背後霊ならぬ、背後るな。


ごはんはちゃんと食べているから、本当におなかが空いているわけではない。おねだりをするクセがついてしまっているのだろうか。それはいけないことだろうか。

一日に数回、大きさは親指の爪を目安にしているおやつ、肥満になるほどは食べていない。でも、もらえると思ってヒトのことばかり気にするのはよくないだろうか。


おやつをすっかりやめてリセットすればねだらなくなるだろうが、それはそれでヒトが寂しいような。それとも退屈しのぎに新しい遊びを考えようか。うーん。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

目隠しつけた


ひき続きだらだらと食べつなぎ、今日もいちにちずっと満腹。きのうのごちそうの残りはもうほとんどなくなってしまった。サンクスギビングで食べグセをつけ、クリスマスから新年までずっと食べ続ける魔のスパイラル。

おなかがいっぱいになったら、昼寝。

DSC04356.jpg
ぱぱくっしょん、いちだんとかいてき


うん、ぷよぷよ度が増してると思うよ。


さて。食っちゃ寝ばかりではあまりにもアレなので、少しは動こうか、とキッチンに仕切りの布をつけてみた。


寝室を通らなくてもバスルームに行けるようリフォームしたのはいいのだが、少々キッチンへの見透しが良すぎて気になっていたのだ。バスルームのドアの延長に冷蔵庫って、ちょっとねえ。ルームメイトの若い衆(妻)のお部屋から、ドアを開けたらいきなりキッチン、というのも味気ない。

オープンになったのはいいのだが、少々オープンすぎる。

ついたてを置くか仕切りの壁を作るかなど考えた末に、まず布で区切ってみよう、とお試し気分でやってみた。ぶら下げるだけだから、気に入らなかったら取り外しも簡単だしね。

DSC04400.jpg
こんなカンジ。


DSC04436.jpg
き、金魚だとぉ?!


そんなに驚くな。金魚は夏の季語なので季節外れの感はあるが、材料を買った IKEA には布の選択肢があまりなかったのだ。そのうち季節に合わせて換えてもいいかもね。


布の上と下にループを縫って棒を通し、天井から下げただけの簡単なモノ。大きいほうの幅がちょっと足りなかったので、余り布で細いやつを作って両端に足す。

呆れるくらいシンプルだけど、目かくしの用は足すし、とりあえずこんなもんか。これでしばらく様子見だ。


では、お昼寝続行。

DSC04384.jpg
らぶらぶ


仕事をしようと旦那が座ると、るなが即座に乗ってくる。そしてるなの重みと暖かみと邪魔さに勝てず、ヤツはすぐに寝てしまう。休みの日に仕事をしようなんぞ、無駄だ無駄だ。


いつもこんな写真ばっかりだなあ、と思ったら、なんと昨日もそっくり同じものを撮っていた。旦那が同じものを着ているから日付を見なければ絶対わからない。

DSC04262.jpg
違う日だと言って、誰が信じる?


ぐうたら最高、休暇バンザイ。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

食った食った


今日はサンクスギビングで、祝日。ちょっとおめかししてインディ家へこんにちは。

DSC04251.jpg
にあうかしら


おまねきありがとう。インディ家に到着したらもう準備はできていた。

DSC04350.jpg
おひさしぶり


ディナーのメインは定番の七面鳥ではなくサーモン。その他のメニューは以下の通り。

マッシュポテトのグレービーがけ、コーンのキャセロール、いんげんのキャセロール、デビルドエッグ、フレッシュセロリとトマト、焼きたてのロールパンはチーズ入り。サラダもあった。デザートはパンプキンパイとチェリーパイ。

うちからも旦那作のブロッコリーのキャセロールの他に、ほうれん草のグラタン、クリームコーンとケーキを持参した。

…すごい量。

DSC04282.jpg
いただきます


イヌ用には焼いた鮭の皮と、ゆでたまご。

DSC04308.jpg
おめでとう


サンクスギビングはみんなで食べ過ぎる祭日、食べれば食べるほどめでたいとされる。というのはうそだけど、そんな感じでものすごく食べる。本来は作物の収穫を記念する感謝祭らしいが、今は家族が集まって食事をする日になっているようだ。

食べて、飲んで、おしゃべりして、バケーションの写真を見て、飲んで、イヌに笑って、また食べる。

DSC04298.jpg
いつものどたばた


デザートもいっとく。

DSC04325.jpg
パイ2種類とケーキ


うー、苦しい。


頑張ったが10人分くらいあった料理を食べきれるはずもなく、残りの半分はお持ち帰り。で、帰宅してからもちょこちょことつまんでいる。サンクスギビングにはヒトの食欲を狂わせる魔法がある。


おいしく食べ散らかし飲み散らかし、ノンストップでおしゃべり。イヌもおもいきり遊んで、るなは帰ったら疲れてすぐに寝てしまった。ああ、楽しかった。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

かがみよかがみ


うちのイヌは鏡に映る自分の姿にほとんど興味をしめさない。たまーに、ふーん、という感じで、反応したとしてもかなり薄い。


ヒトは「自己認識」ができるから、えらいらしい。「ここに存在する、自分」が、わかるということ。ヒトの他にチンパンジーとかオランウータンとか、ほんのすこしの種にだけこの理解ができるとされている。

IMG_5279[1]
あれは、だれ


ミラーテストを聞いたことのある人も多いだろう。おでこにマークを付けて鏡を見せる。そこに映っているのが「自分」だとわかれば、自分のおでこをさわって調べようとする。わからなければ、他のヤツだと思って攻撃したり鏡の裏を探したりする。ヒトは、2歳くらいでこの自己認識ができるらしい。

イヌはこのテストにパスしない。鏡の中のイヌが自分だと、わかるアタマがない、ということだ。


るなは鏡で自分の姿をまじまじと調べたりしない。が、あの白いイヌがよそものだと思っているフシも、みられない。私には、自分だとわかっているように思われる。

IMG_5270[1]
あれは、るな


このテストには反論もある。

まず第一に、鏡を使ったテストは視覚重視の動物以外にはあまり有効ではない、ということ。つまり、におい重視のイヌにとって無臭のイメージはあまり意味がない。だから、深く追及したりしない。

そして第二に、映っているのが自分だとわかっていても、痛くもかゆくもないマークを調べる必要性を感じていないだけかも、という疑問。

IMG_5280[2]
もうあきちゃった


るなは、家の前を通るイヌに向かって、窓ガラス越しにけっこうしつこく吠える。それが鏡の中のイヌはほとんど無視、たまにひとことワン、というくらい。

道端で会うイヌには挨拶しても、鏡のイヌにはしない。

ひょっとして、実はものすごい近眼で、鏡の像が見えていないだけかもしれない。匂いもしないし、もしそうなら鏡だって単なる壁だ。


るなはるなだから、わかっていてもいなくても、どっちでもいいんだが。でも、わかっているかもしれないと、私は思う。

DSC04210.jpg
くだらないこといってないで、おやつ


エライヒトがいろいろ研究してるけど、ヒトの言葉を話さない相手のことを知るのはムズカシイ、というお話。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

小春日和


朝方は肌寒かったけど、お天気がよく日中はずいぶん暖かくなった。

DSC04221.jpg
きょうはここがきになるの


るながなぜかいつもと違う場所でごそごそしている。おひさまを探してるのかな、と思ったのでキッチンの陽の当たる場所にベッドをおいたら気に入ったらしく、陰になるまでずっとそこで寝ていた。

DSC04239.jpg
ぽかぽか

午後はお外で。

DSC04240.jpg
あったかーい


きもちのいいところはよく知っている。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

コロモがえ


寒いと、るなはあまり外に出ない。

DSC04220.jpg
ここでけっこうです


おさんぽはしっかり行くけど、用もないのに裏庭でひなたぼっこすることが少なくなった。さすがに寒いか。

そしてここ数日、るなの抜け毛が目立つ。超短毛なりに冬毛へとはえかわっているのだろう。

DSC04119a.jpg
いまはほとんど裸


るなの夏毛は、わざわざ生やさなくってもいいんじゃないの?というくらい申し訳程度、地肌の模様がしっかり透けて見える。涼しいかもしれないけど、日よけ用にもうちょっとあってもいいよ。

冬毛はいくらか毛皮っぽく、ダルメシアン模様はかなり薄くなる。下は今年の1月に撮ったもので、こころもち、厚手。

DSC07369a.jpg
るななりの、もこもこ


寒いといってもこの地方は雪が降るわけでもないし、このくらいでいいかもしれない。まだ若いんだ、コドモは風の子、鍛えろ。でも特に元気がなかったり雪山に行くときはおようふく着ようね。

DSC04202.jpg
おうちのなかはかいてき


ところで最近、私は時々るなのちいさなしぐさにホシを見る。ちょっとした顔つきやたまの動きにあ、ホシもこうだった、と。るなの行動が変わったのか、以前からやっていたことを私が勝手にホシと関連付けているのかはわからないが、見るたびに寂しいような、悲しいような、おかしいようななつかしいような。

たとえば、こんなとき。

DSC04205.jpg
もうーうるさいなあ


すいません。えへへ、そっくり。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

アニバーサリー


旦那: 「結婚記念日おめでとう!」

私: 「あっ」


毎年恒例、どちらかが、またはどちらも忘れている結婚記念日。今年は私が忘れる役だった。このやりとりも、もう15回やったんだなあ。しみじみ。


今回はイヌは関係ないが、せめて写真でミニるな劇場をどうぞ。

DSC04095.jpg
ぐうー


私たちは15年前の今日、いきあたりばったりに夫婦になった。


旦那とは大学で知り合った。卒業後しばらく連絡が途絶え、数年後にまた出会う。だがしかし、再会後のふたりの間には距離があった。

物理的な、距離が。もう、やたら遠い。

そのころ旦那はシカゴからカリフォルニアに転勤になったばかり。そして私はニューヨークに住んでいたのだ。日本の約25倍の面積があるアメリカ、カリフォルニアはその左端にある。ニューヨークは右端。間には3時間の時差があり、直行便で6時間、車だと何日もかかる。

インターネット電話なんぞなかった時代、電話代も飛行機代もばかにならない。結局1年ほどの遠距離交際の末、私は仕事をやめてカリフォルニアに移り住んだ。

DSC04104.jpg
ミニるなです。わあ、特大るなつむり


当時私は就労ビザで滞在していたので、ビザのスポンサーをしてくれた会社以外では働けない。んじゃ、結婚すっか。んだな、すっか。でも式とか余裕ないし、とりあえず籍だけ入れて、披露宴なりなんなりはあとで盛大にしよう(余談:まだやってない)と、大層ろまんちっくに事は決まった。

そして’99年11月22日はなんだか語呂がいいからと、その日うきうきと市役所に出頭。


私達: 「こんにちは。結婚したいんですが」

市職員: 「それはおめでとう。でも今日はセレモニーをしてくれるおばちゃんがいないので、明日もう一度来て下さい」

私達: 「えっ」


つまり私たちは、両方とも一度結婚に失敗している。

DSC04102.jpg
ミニるなは怪獣るなつむりを征服した!


次の日やっと出勤してきたおばちゃんと「誓いますか?」「はーい」というやりとりをして、晴れて一組のバカ夫婦が出来上がったのが15年前の11月23日、というわけだ。


こうして書くと、改めてつくづくいいかげんだ。でもこれでここまで何とかなってきたし、これからも何とかなるだろう。ぐうたらして、バカなおしゃべりをして、イヌと遊ぶ。つまらない生活といえばそうだし、平和な毎日といえばその通り。普通が、このままずっと続けばいい。


DSC04107.jpg
寝てばっかりでつまんない。ミニホシと遊ぼうっと


ちなみに、今日のこの特別な日に、私は台所のコンロを磨いて過ごした。ごみを出して洗濯機をまわすのは旦那。スーパーで大根を買って、金魚の水槽を洗って、るなのおさんぽに行って、ばんごはんはカレーライス。

DSC04113.jpg
いちども起きなかった


私たちは、これでいいのだ。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

雨きらい < 野原すき


ついでの用があったので、走らせることのできる野原にるなもつれてきた。ここは久しぶりだ。最後に来た時はホシがいたから、もう数か月前だね。

着いてみたら一、二度降った雨のせいで斜面はうっすらみどりいろ。この辺りは夏は枯れ草ばかりで、いちめん緑になるのは冬なのだ。


この時も降っていたが、るなはドアを開けたとたんに走って行ってしまった。

DSC04142.jpg
あめ?かんけいない!


こういう日はお散歩を拒否するのでひょっとしたらクルマから降りないかなと思ったが、それなら一緒にすわって雨の匂いをかぐだけでもいいや、くらいの気持ちでいたのに。それが予想をおおきくはずして全く平気。おかげでついていく私もびしょ濡れになってしまった。

「楽しい」が、「雨きらい」に勝ったようだ。

DSC04159.jpg
ほりほりもぜっこうちょう


ありゃ、どろんこ。土が濡れて掘りやすいのかな、遠くまで行ったと思ったらあっという間にアタマが入るくらいの深い穴をこさえていた。雨の降らない夏じゅう、地面はかっちかちのパフパフだったからね。湿った土からはいろんな匂いもするのだろう。


あっちを掘り、こっちをチェック、広い野原を楽しそうに探検する。雨足はそこそこ強いけど、このくらいが涼しくてかえっていいかもしれない。

DSC04152.jpg
ちょっとあまやどりきゅうけい


いちど木の下で固まった時はあれ?いまさら雨に気づいて動けなくなったのかな?と思ったが、雨をしのぐというよりは興味のある匂いでも検証していただけらしい。しばらくしたらまたすぐ遊びだした。

DSC04155.jpg
ぜんぜんへいきー


で、結果が、こちら。

DSC04188.jpg
えー、もうかえるの?


うわ。

それでも今日のは海水と違って単なる水だし、土は乾いたらすぐにとれるのでシャンプーはしない。タオルでごしごしして、はいおしまい。それだけでもけっこうきれいになる。

DSC04198.jpg
ああたのしかった


いきなり雨嫌いを克服してしまったのだろうか。それとも特別に楽しい時だけの例外だったんだろうか。夕方のお散歩の時間は雨があがっていたのでまだわからないけれど、次に降った時の反応が楽しみだ。


るなには、意外がいっぱい。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

飽食


旦那が休みの金曜日、来週はホリデーだし、つい油断した。


あさごはんを食べに行ったのだけど、久しぶりの外食で、やっちまったのだ。

手前は、ビスケットのグレービーがけソーセージ添え。真ん中にパンケーキ、奥にあるのはチキンフライドステーキと目玉焼き、そしてポテト。

IMG_5296[1]
5000キロカロリーくらいありそう


ビスケットは、もそもそしたパンのようなスコーンのようなもの。グレービーは本来はお肉を焼いたときに出る肉汁をソースに仕立てたものだけど、この手のはぶっちゃけクリームにバターと小麦粉でとろみをつけたもの。ビスケットがでかすぎて見えないけど、向こう側にはソーセージが2本。

チキンフライドステーキというのは、コロモをつけて揚げた牛肉で、鶏肉は入っていない。これにも例のグレービーがごっそりかかっている。それに目玉焼きがふたつ、お皿いっぱいのハッシュポテトとともに。

パンケーキには当然バターとシロップがたっぷり。


もともと高カロリーのメニューなのに、それがいちいちとんでもなくばかでかい。はるか遠くに小さく見える目玉焼きはうずらの卵みたいだが、そうではなくて周りの全てが大きいのだ。ビスケットなんか「小さめメニュー」から選んだにも関わらず、るなの顔くらいのサイズ。ふつうはこれがふたつ来るんだとか。まじか。パンケーキの直径は、20センチもあろうか。とにかく、でかい。


標準的な日本女性なら、むりやり2割も食べればいっぱいいっぱいだろう。どれもこれも味が濃くてこってりしていて、それでも長年の慣れで、普通においしく食べられてしまうのがこわい。さすがに全部は食べきれなかったけど、それでも、食べ過ぎだ。

IMG_5299[1]a
デザートのパイは、どんぶりに入っている。


カロリーも塩分も脂質も炭水化物も、もうなにもかもきれいにオーバー。あさごはん(兼おひるごはんとばんごはん)に、アメリカの健康問題を見た。でも、おいしいんだよ。


こういうの常食すると早死にするが、話のタネにはなるんじゃなかろうか。店員さんはみんなフレンドリーだし、内装もクマで統一してあって気合入ってるし。もし近くにお越しの折はご案内しますよ。

DSC04122.jpg
じぶんたちだけずるい。るなも。


反省してるよ、またしばらく外食はよすよ。あしたは納豆と玄米ご飯に決定。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。