同じ場所、違う時間


今日は工事中、るなを家に置いておいた。邪魔にならないようにゲートを閉じて、裏庭へのアクセスがないので、お昼にいったん帰宅しておトイレ散歩に連れ出すつもりで。

IMG_4240[1]
おい、起きろ


帰ってみたら作業中にも関わらずぐっすり寝ている。聞こえないって、けっこう得。

起こすのも無粋だが、私はまた仕事に戻らなければならない。ごめんね、ちょっとだけ、行こうよ。

IMG_4269[1]
えー、ねむいのにー


なかなか重い腰を上げない。渋るイヌをなだめすかして外に出て、それでも起きてしまうとさっさかと調子よくたくさん歩いた。よしよし。

車の下でお昼寝中のネコさんにちょっかいかけようとして叱られたりも、したけれど。

IMG_4271[1]
あっちいけ!   えー


すみません。


いつもと違う時間にお散歩すると、なんだか様子が違う。外を歩いている人の雰囲気とか太陽の高さとか、同じ場所なのにね。朝とも夕方とも週末とも違う、あまり見ることのない平日の昼間。ふーん。

それだけなんだけど。自分が場違いなような、変なカンジ。


で、ずるずると歩き続けてしまったので、ずるずると時間がおして結局夕方の帰宅が遅くなってしまった。あ、明日はもっとしゃきしゃき歩くぞ。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ふたりあそび

さて、取り出だしたりまするは、るなのみみ。これを、役に立たない飾りだとお思いでしょうが、じつは。

IMG_4250[1]
その通り、役に立たないんですが


それでも、こうやって。

IMG_4254[1]
ちちんぷいぷい


ぱっ

IMG_4253[1]
ちちしぼり


ぱぱっ

IMG_4256[1]
よーだ


それなりの楽しみ方はあるのでした。

IMG_4261[1]
かぞくさーびすもけっこうたいへん


ご協力、ありがとうございました。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

塗りに塗ったり

そっちのけになっているバスルームのリモデルだが、実はまだ、終わっていない。あと少しなんだけど、なかなか終わらない。明日の月曜日から仕上げに入るというので、その前にペンキを塗ることにした。


「塗れというなら塗りますけどね、ペンキ屋さん、呼びます?」と言われて、「自分でやります」と言ってしまったツケだ。だって、これはやり方知ってるし。時間かかって疲れるだけで、難しくないし。もうお金ないし。ちゃちゃっとやっちまおう。

はじめは、まだ、そう軽く考えていた。

IMG_4114[2]
さ、起きて始めようか。


いやー、時間かかりました。疲れました。


手っ取り早く格安でリフレッシュできるので、自分で部屋のペンキ塗り替えをするのはごく普通のこと。実際うちの部屋、私は全部自分で塗っている。だが、いかんせん今回は範囲が大きかった。バスルームとキッチン、そしてランドリールームを全部一度にやるのはさすがにまいった。

DSC03218.jpg
行き倒れた床から撮ってる


朝から晩まで、汗だくになりながら。もう指と首と腰と足が痛い。でもここまでやっておけば、明日からの仕上げがすんだらほとんどおしまいだ。もう一息だ。

IMG_4211[1]
髪も顔も服もこんな感じ


ところが旦那が買ってきた晩ごはんのサンドイッチを無意識で食べ、さ、最後のひとがんばり、というときに業者からメッセージ。

「明日は作業なしです」


がっくり。

早く終わらせようよ。頼むよ。



最後になりましたが、昨日のエントリーにコメントを下さったBOBの相棒さん、ぷにゅママンさん、スピ2ままさん、mocoさん、pollyさん、ありがとうございました。お一人ずつにお礼を書こうと思ったのですが、どうしてもキーボードが打てません。もう少し、時間が必要なようです。どうかお許しください。とてもありがたく、励まされております。ありがとうございます。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

1週間たって


普通に生活をしている。喉が痛くなるほど泣くことはしなくなったし、おなかもちゃんと空く。家のことも、仕事も、普通に過ぎていく。


一週間の節目に、書いてみようと思うが、ご注意を。全く楽しくないし、余計な詳細まで書いてしまうかもしれないし、なにより、ちょっと変かもしれません。やっぱり向き合うのはまだいっぱいいっぱいなので。でも、むりやりでも、前に進んだほうがいいかと。



ホシは、捕食本能の強いイヌだった。リスやネコ、その他の小動物を追いかけずにはいられない、そして走り始めると周りが見えなくなるイヌだった。獲物を追いかけるのが何より好きな、走るために生まれてきたイヌ。

いつものように旦那とリスを追いかけて遊んでいたホシは、公園の外を走っている道路の向こう側に何かを見たんだろう。リスか、自動車に反射する光か、何か。


何百回と行った公園から、勝手に道路に出たことはそれまで一度もなかった。落ち着いている時は、呼べばくるりと引き返すいいコだった。

旦那は止める間もなかったにちがいない。いくつかの偶然が重なった、本当の、アクシデント。車を運転をしていた人には悪いことをした。責められるべきは、ホシの狩りの本能を抑えようとしなかった私達だ。でも、走らせなければ、ホシはホシではなかった。



走るために生まれてきたイヌは、走りながら逝ったのです。



きっと、走りきって立ち止まって振り返って、それからやっと景色が変わっていることに気がついただろう。自分が車にはねられたことも、知らないまま、苦しまずに。


旦那から連絡をもらい、かけつけたが、できることは病院の一室を借りて、ふたりきりで、まだ温かいホシを拭いてやることだけだった。脚も身体も折れていず、かたちはきれいなままだった。ちょっと叱って、たくさん愛していると伝えて、キスをした。最後に、るなにも、会わせてやった。



これを書いている間、やっぱりボロボロと泣いてしまった私を、慰めているのか、しょっぱいのが美味しいのか、るなが私の顔を舐め取ろうと必死になっている。じゃまだけど、痛いけど、るなに救われている部分は、大きい。

あと1週間か2週間で、ホシは箱に入って帰って来る。それまでには、きっと、もっと大丈夫になっているだろう。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

るなのいちにち(の一部)


朝は、規則正しく叩き起こされる 起床。

IMG_4110[1]
きのうからなにもたべてません


うんうん、食べてないね。全く食べてないよね、ゆうべの、晩ごはんから。


眠い目をこすりながらイヌと金魚に朝ごはんをあげ、未練がましくベッドに戻る。今日は旦那が休みなので朝の散歩を押し付けてしまおう、と目を閉じたら工事の業者が来た。 …3日間来なかったのに、来るときは7時かよ。ちっ。

すっかり起きてしまったので朝の支度をしていると、緊急警戒の吠え声がする。

DSC03181.jpg
あやしいイヌがいるよ!


テレビに反射してるあのイヌかい?うんうん、すごくあやしいね。白くてすごくあやしいね。はいはい、あーこわいこわい(棒読み)。


バカなイヌは放っておいて出社。一日ぼーっと仕事をしたような、しなかったような。自動運転でノルマの時間だけ過ごしてからそそくさと帰路につき(会社関係の人、読んでないよね?)、ドッグパークで遊んでいるるなをお出迎えに向かう。

IMG_4192[1]
あ、ままがいる


うんうん、いっぱい遊んだかい。


IMG_4195[1]
あーおなかすいたー


うんうん、ご飯たべようね。

でもまず、がしがしと拭いてからな。おめい、まっ黒じゃねーか。

うちの白いイヌは、こんな感じ。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

雨きらい


ぱしゃぱしゃという音で目が覚めた。この音、どこかで聞いたことあるぞ。

IMG_4170[2]
家の前に池ができている


おお、雨だ。何か月ぶりだろう。ここ数年干ばつが続いていて、深刻な水不足なので今年の冬はがんばってもらいたい。じゃぶじゃぶいこう、じゃぶじゃぶ。雨だ雨だ、雨が降ってるよ。よかったねー。

DSC03212.jpg
よくない


あ。

去年の雨季は特に雨が少なくなんとなくやりすごし、そして乾季の間は調子よくすっかり忘れていたが、ひと夏越えても状況は変わっていなかった。るな、雨が降ると外に出ないんだった。朝ごはんを食べたら即ベッドにUターンして、とっとと寝る体勢に入る。お散歩行く気ナッシング。

でもおうちの中でご用を足されると困るんだけど。一緒にちゃっちゃと済ませよう?と、のろのろとやる気のないイヌを誘導して裏口まで来るが、そこでぴたっと止まって動かない。一歩も敷居を越えない覚悟だ。仕方なく、よいしょと抱えていちじくの木の下まで連れて行った。ここならあまり雨も当らない。さあどうぞ。

しかししっぽをすっかり脚のあいだに巻き込んで、へっぴり腰で、トイレどころではない。一目散に家に入り、そのままストレートにベッドに飛び込みくるりと丸くなる。絶対イヤ、なんだそうだ。


オマエ、泳ぐイヌだろう。流れの速い深い川には自分からどんどん入っていくくせに、なぜ少々の雨がこわいんだ。


しょうがない。知らんぞ、と言い捨てて出社した。止んだら自分で出るだろう。幸い数時間でぴかりん、と晴れたので家の中は今日は無事だった。今日はね。

IMG_4175[1]
夕方のお散歩は家族さんにんで


さて、どうしようかな。これから冬にかけてもっと降るぞ。裏庭に一部屋根を付けるか?室内トイレの練習するか?どっちもうまくいく気がしないぞ。

困ったぞ。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ぱぱをおむかえ


るなをピックアップして帰った時間と、旦那の帰宅時間がほとんど重なったので、ふたりでお外で待つことにした。しばらく一緒にトランクルームに座って世界を眺める。

IMG_4131[1]
いいにおいするね


うん、どこかの今日の晩ごはんはイタリアンだね。


飽きたら車を降りて寝っころがる。

IMG_4144[1]
ごろんしてまってよう


今日は涼しくて気持ちいいね。そんなこんなでのんびりしているうちに旦那がご帰還。

IMG_4155[1]
ぱぱだっ


旦那の姿を認めると、しっぽがすごい勢いで左右に動き始める。わかりやすい。

IMG_4160[1]
ぱぱ、おかえりなさいー


頭から突っ込んで行き、からだ中で嬉しい。

IMG_4163[1]
るな、あいたかったのー。ちゅうー


るなはいつも明るいね。るながいるから、ぱぱとままは毎日笑っていられるよ。






よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


1+1=1.5


今日もインディ君と一日遊んで、くたくたの、るな。あられもない恰好でいびきをかいている。

DSC03185.jpg
ごごごぐおおう


あ、目を開けた。

DSC03188.jpg
あ、みられた


こそこそと姿勢を正す。かわいいなあ。

DSC03191.jpg
こんなところとらないでよ


ああ、かわいいなあ。


私達夫婦は、仲は悪くない。

決して悪くないが、15年近くも顔を突き合わせていると、どきどき、とか、わくわく、という感情からは1万光年くらい遠くまで来てしまった。お互いの行動パターンや考えていることはだいたいわかるので、ぺちゃくちゃおしゃべりをするでなく、それぞれが勝手な場所で勝手なことをする。

でも今私たちは、一緒にいる。日中はメッセージを送りあい、夜は同じ部屋で同じテレビを見て、くだらないことをしゃべっている。大切なことは口に出さず、それでもお互いがふらふらしているのがお互いにわかっている。どちらからともなく一緒にいて、ふたりあわせて1.5人くらいになっていると思う。


何も知らない人と普通におしゃべりするのは、かえって楽だけど、ちょっとめんどくさい。事情を知っている人と会話をするのは、心づかいがとてもとてもありがたいのだけれど、やっぱりちょっとつらい。

だから、私たちはふたりでくだらないおしゃべりをする。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

普通に出勤できました


水のいっぱいいっぱい入った風船が私の中にある。その膜はとても薄くて、ふよふよと不安定で、ちょっと触るとぱちんと弾けそうなので、触らない。見ない。旦那も私もホシの名を口にしない。

悲嘆の段階というのがあったんじゃなかったけ。怒りとか、罪の意識とか、立ち直るまでの色々なステップ。その中に「否定」があったような気がする。今、それじゃないかな。ちょっと違うかな。


それでも普通に会社に行って、普通に会話して、ちょっと冗談を言いあったりしている。実際仕事をしている間はずいぶん楽だった、ありがたい。涙をぽろぽろ流しながら仕事してたら周りに迷惑この上ないからね。

そして今夜、きりきりとおなかが痛くなって土曜日の朝から何も食べていないことに気が付いた。体が元に戻ったらしい。こうやって普通に生活していれば、そのうち心も晴れるだろう。


るなも、いるし。今日インディママさんが送ってくれた、美女二人。

IMG_4117[1]
だいふくだよ


おバカなイヌと、励ましてくれる周りに、感謝。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

丸一日たって


コメント頂いた方々、ありがとうございます。それぞれへのお返事は、ちょっと今は無理です。でも、ありがとうございます。


るなは、ホシを探している。旦那は本を読んだりテレビを見たり気を紛らわすのに必死だ。私は、眠って起きると悲しみがいったん薄らぐので一日寝ている。起きていると絶え間なく流れる涙で顔がひりひりする。

頭を低くして、体を小さくして、じっと、時間が流れるのを待っている。今は、なにをしても楽にはならないのはわかっている。そして、そのうち日常が戻ってくるのもわかっている。できることは、待つだけだ。

該当の記事は見つかりませんでした。