すきまとホシ

ホシは、ドアの隙間がきらい。かなり大きく開いていないと通れない。押して開けることも、自主的には、しない。

IMG_3272[1]
通れません開けてください


通り道に掃除機なんかが置きっぱなしになっていると、立ち往生。十分スペースがあってもすり抜けて通ることができない。誰かが動かしてくれるまでじっと待っている。

ドッグドアは使わない。代わりにに裏口の横には鈴が掛けてあって、裏口を閉める冬場はこれを鳴らしてドアを開けて、と伝える。

ホシは、小さいスペースを通るのがこわいのだ。


これがるなだと、閉まっているドアをバーンっと開けてズカズカっと入って来てドサっと寝っ転がる。それが、使用中のトイレのドアであっても。ドッグドアに至っては、そんな障害物あった?みたいな顔で行き来する。

るな様に、こわいモノは、ない。

DSC01954.jpg
あいすくりーむのあとは、おちゃがこわいよ


それは落語。


風で閉まったドアを楽々と押し開けてるながするりと部屋に入って来ても、後に続くホシは自分も押して入ってくることができない。

DSC02183.jpg
鍵がかかっているのと同じこと


みんながいる部屋に行きたいのに、怖い。大丈夫だよー、おいでよー、と呼んでも、できない。

DSC02185.jpg
くすん。ホシだけひとりぼっち


はいはい。ほら、どうぞ。

DSC02186.jpg
おとーさんありがとう!


「オープン」のコマンドで、前足で押して開けさせることは、できる。るながマズルで開けるのを見ているから、開け方は、知ってる。ホシは、ただ嫌なのだ。私はエラいニンゲンだから、ドアなんか怖くない。それなら私がやればすむことだ。私にだって苦手なものは沢山ある。ホシに怖いモノがあったって、かまやしない。おかーさんが守ってあげる(写真撮ってから)。

IMG_3275[1]
じとーっ


だから、そこを、ちょっと押せば… はいはい、開けます開けます。






それがまた可愛いとか思ってるんでしょ!のクリックをどうぞ。それ大正解

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。