16年


るなが裏庭でガンガン警戒警報を鳴らしているのでなんだなんだと出ていくと、イチジクの木のてっぺんに風船がひっかかっていた。

20170911_103858.jpg
ハッピーバースデー


昨日は日曜日だったのでどこぞで子供のバースデーパーティーがあったんだろう、でもあんな高いところでフラフラしているモノ取れないよ。 幸いるなはすぐに飽きたけど、あれ、どうすべか。 しかも夜になってもしぼむ様子がみえなかった、最近の風船はタフだなあ。


今日は9月11日。 同時多発テロからいつのまにか16年たち、あの日のことはまだよく覚えているけれどそれでもずいぶん記憶は色褪せた。 

あれから世の中が目に見えて良くなった気は、残念ながら、しないなあ。

20170908_215908.jpg
ぐっすりねれば しあわせ


他人を不幸にしないとジブンが幸せになれないのはヒトだけで、ジブンの正義をヒトに押し付けるのもヒトだけだ。 でも赤の他人のためにジブンを犠牲にできるのもヒトなんだ。 

イヌもヒトもみんなが全員幸せになる世界はこないかもしれないけれど、でもそれを目指さなければ絶対にこない。 誰かのために命も財も投げ出すような勇気は私にはまるでないけれど、イザというときにせめてジブンに恥ずかしくない行動をとれるニンゲンになりたいものだ。 

バカで自分勝手なヘタレなので甚だアヤシイが。







シェルビーは里親さん募集中





よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ 

むかしのシャシンで出してます


出張いちにちめ終わり。 あとひとつー。


顧客先で一日じゅう話し続けるのはかなり疲れる。 あとはもう食事に出たくないからスーパーでチーズとサラミとビールを買ってホテルに持ち込んだ、荷物を置いて着替えてやれやれどっこいしょ。 

それではさっそくビールでもいきますかね。 かちゃ。

IMG_0412.jpg
一年前のレジー


ごそごそ。 あれ?

あれれ?

なんと栓抜きがない。 …えええなんで? 出張族だったころはいつもスーツケースにしのばせてあったのに、いつのまにかなくなっている。 古いホテルにはシンクに栓抜きがついていることがあるがそれもない。 がーん。


どうしよう。 栓抜きを買いにまた出るか、それは少々面倒だ。 このビールは家に持って帰って今夜はホテルのバーで飲むか、それもなんだかくやしい。


飲まない、という選択肢は、ない。

DSC03535.jpg
にねんまえの、るな


ロビーに聞いてみようかな、でもその前に困ったときのユーチュブ、なんかあるだろうとチェックした。 

で、したらやっぱりあった。 ビデオをいっこ見てから見よう見まねでカシ、カシ、ポン。 おお。 なんとびっくり家の鍵でビールの栓は開くよ。 
 
DSC05907.jpg
3年前のホシ


ぐびり、ぷはーっ。 ああ助かった、これで明日もがんばれる。 ユーチューブばんざい。 

私の(いらん)レベルがまたひとつ上がった。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ヤギに呪われたコグマ


旦那の出身地であるシカゴの野球チームはカブズという。カブ(cub)とはコグマのこと。

今日のブログと写真はまったくかんけいありません。

20160914_182230.jpg
ろーぷがじがじ


コグマというあまり強そうでない名前のついているカブズは、勝たないことで有名。最後のワールドシリーズ優勝はなんと1908年、つまりこのチームが優勝するのを覚えているヒトはこの地球上に (たぶん) 存在しない。この勝てなさかげんはちょっとすごい。

勝てないのに熱狂的なファンがついているというところが私が日本にいたころの阪神タイガースのような位置づけかと思うが、でも阪神って勝ったことあるよな。


そしてこのこのカブズが勝てない理由は、なんと呪いのせいなのだ。

20160914_182245.jpg
ちょっときゅうけい


1945年、シカゴで試合を観戦しようとしたひとりのカブズファンが入場を拒否された。理由は彼の連れていたヤギ。ちゃんとヤギのぶんのチケットも買っていたのに 「ヤギはダメ、くさいから」 と言われた彼は怒り、ヤギとともに球場のまわりを一周して呪いをかけたという。

それ以来カブズが優勝したことは、ない。それ以前も負け続けていたけどまあいい。呪いのほうがおもしろい。

20160914_182301.jpg
がじがじさいかい


そのカブズが、100年以上勝てないカブズが、なんと今のところ勝ち進んでいる。

20160914_182321.jpg
れじーはあっちいって


私は実はまったく興味がないが、シカゴ出身の旦那はやっぱり気になるらしい。でもこれまでずっと裏切られつづけているので 「きっとそのうちポカをやらかすさ」 と悲観的というか守りの姿勢というか、慣れない事態に喜び方もわからないようだ。哀れな。

そしてヤツには 「自分が興味を示すチームは必ず負ける」 という信念がある(実際ヤツが応援するチームはたいがい負ける)ので、成績のチェックすら拒否して私に調べさせる。めんどくさいがしょうがない、まさかひょっとして優勝しちゃったりしたらおおごとだ。


そういうわけでちょっとだけ野球のハナシ。さあ、ヤギの呪いはとうとう解けるのか?!







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

15年


2016年の9月11日はハイキングに行く。

20160911_112039.jpg
まだ水があったよ

15年前の今日、何が起こったかわからないまま突然命を絶たれた人や大事な家族を失った人、生涯消えない傷を負った人がたくさんいた。私が今日ここにいるのは毎日ほんの少し運がよかっただけの偶然のつみかさねだ。

時間がたつほどまわりのインパクトは薄れるけれど、忘れたくない事は私のなかにある。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

だらだらとかんがえる


シェルビーはつめきりもへいき、えらいぞ。ホシはダメだったんだよ。





アメリカ独立記念日、月曜日だけどおやすみだ。

20160704_171633.jpg
壁ばっかりの週末であった


私が初めて渡米したのは28年前、生まれ育った日本で過ごした時間よりもこの国での生活のほうが長くなってしまった。いつのまにか30年近くも、ほとんど運だけでよくもここまできたもんだ。


ところでこの国にはとにかく問題が多い。国内の政治や国外との外交、人種問題に貧富の階級差とてんこ盛り。たまに(こら)ニュースを見るとこの国がどこへ向かっているのかどんよりと不安になる。ここにはいろんなヒトがいてそれぞれの思いが食い違ってぶつかって争いが絶えず、その醜さのスケールがまたやたらとデカイのだ。

20160704_171227.jpg
るなはあめりかん


でも私はまだこの国が好きだ。


私の今の生活は行く先々でチャンスをくれた人達のおかげ、そして彼らはみんなアメリカ人だった。ひとつの国としてみればもうめちゃくちゃに見える一面で、実際に私が出会った一人ひとりで「あ、コイツ駄目だ」と思った割合はとても低い。

そして大都会に住む結果として毎日多様な人種にまざって生活しているので、普段から触れる文化も多様だ。逆に都会をはなれれば大自然の雄大さは圧巻で、このとてつもなく広大な国の様々な美しさには言葉がでない。


だいたいだな、自慢じゃないけど壁に開いた穴の修理ができる日本人女性がどのくらいいるというのだ。これもここで学んだ技術。

20160704_171157.jpg
じまんじゃん、しょーもないけど


イベントの最初に国歌を歌うのはここではフツウ、土曜日の独立記念のコンサートでももちろんあった。全員が立ち上がって聞き入り、多くははあわせて歌う。そして曲が終われば大拍手。こんなふうに自分の国に誇りをもって胸をはることは、あまり日本では見なかったような気がする。

問題を抱えていない国はないし、逆に素晴らしさをもたない国だってないだろう。日本に戻るのはいつでもできる。アメリカがその美しさと素晴らしさを失ったと感じないかぎり、私はここにいる。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このカテゴリーに該当する記事はありません。