あとちょっと


ここ2週間ずっと休みなくバタバタしているせいか、今日は朝からカラダがだるくてアタマがボーっとしている。昨日はもうなにもせずに過ごしたが明日からまた出張なので今日は洗濯をしたりちょっくら職場へ寄って準備をしたり。ノロノロとナマケモノのように動いているうちに日が暮れてしまった。

楽しいことがなんにもなかったのでランダムな未公開写真でも。

レジ釣り


どこからか見つけてきた紐で遊びをしかけるが、いくらなんでもちょっと細すぎやしないかえ。ひっかかりがなくてちょっと引っ張ったらズルズルとクチから外れるよ。

っつーか、モノを盗むな。

IMG_6530.jpg
オヤツ直訴


…オネダリ写真にはまったく事欠かない。


ところで、今日二週間ぶりにジブンのクルマに乗ったらずいぶんとイヌ臭かった。ずっと使わずに閉めきってあったせいかそれとも私のハナがるなレジのニオイを忘れたのかどっちだろう。もう2週間も会ってないなあ、はやく会いたいなあ。この出張が終わったら迎えに行くからゲンキで待っててね。

さてもうひとがんばり。








よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

私にとってのハワイ


今回の旅行はハワイ島の一角で一週間、自然のいっぱいなキレイなところだった。

ちょっと走るとすぐにジャングル


あちこちに鮮やかな色の小鳥が飛んでいてヒトもみんな明るくて親切で、今回は残念ながら雨ばっかりだったけれどそれを差っ引いてもまさにパラダイスといったカンジ。

でも、正直なところ、ハワイはもういいかな。

IMG_6973_201903101146571e5.jpg
近くのギャラリーカフェもいいカンジ


理由はかなりボンヤリしたモノで、まず人々のおおらかさに違和感を感じたこと。みんなおっとりと明るくて優しいんだけど、私はジブンがシゴトではなんでもキチキチ進めないとガマンできな性格で、そのせいか約束したサービスの時間がずれたりツアーの人数制限が無視されたりするとどうしてもひっかかった。これはどちらが正しいとかいうモンダイじゃないのでモンクの持ち込みようもない。

それよりこっちがもっと大きかったのは鎖に繋がれて外飼いのイヌをたくさん見てしまったこと。そんな状況を見なくなって何年もたつのでフイを突かれてこれはこたえた。

スーパーで鶏卵がものすごい安価で売られているのを見るとそのコストで採算のとれるニワトリの飼育状況に思いをはせ、ひとりで勝手にキモチが暗くなったりしてね。

IMG_7200.jpg
どこをとってもキレイなんだけど


そしてトドメは、ケージに入ったピットブルをたくさん見てしまったこと。たまたま通りかかった公園で大きいコからほんのパピーまで、みんな断耳してあってひとりずつケージに入っていて、どうも私はブリーダーの売買会場に居合わせたと思われる。生体販売を実際に見たのは何年ぶりか、これはショックだった。かといって詳しいハナシを聞く勇気もましてやモンクをねじ込む根性もなく、ただいたたまれず私はそのままその場から逃げた。

IMG_7044.jpg
ホントにパラダイス


アメリカの中でハワイが特に悪い州だとは思わない。もっとひどい状況がまかり通っているところはたくさんあるだろう。でも檻に入れられたイヌたちとるなレジが重なりながらもなにもできなかったジブンの不甲斐なさに帰りのクルマの中でワンワン泣くことしかできず、八つ当たりでもなんでも私のハワイのイメージは残念なことに下がってしまったのだ。


日本とカリフォルニアのちょうど中間点で家族と会うには都合がいいから、この先も私はハワイへ行くだろう。でも、ジブンからバケーション先に選ぶことはもうないんじゃないかな。ほんのささいなことなんだろう、でもそれでも、そう思ったんだ。








よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

できることは、みゆき


るなレジがいない。朝は誰にも起こされないし家の中を移動するたびに後を追ってくるカチカチという小さな足音もしない。静かだ。

いつもと違って生活の調子が狂うが、初日から落ち込んでもしょうがない。こういう時はイヌがいなければできないことをしよう。さて、それはなんだ。そうだ。カラオケだ。

IMG_6088_201902250717393c0.jpg
ひいっ


思い起こせばあれはもう何年も前。買ったばかりのゲーム機についていたカラオケソフトで旦那と80年代のポップソングをガンガン歌ったら、その頃まだひとりっこだったホシに「頼むからやめてくれ」と懇願されたことがあった。し、失礼な。

それ以来大声で歌うことはとんとない。あの時にうけたココロの傷は深い、るなはヘーキかもしれないがそんなにヒドイならレジーを泣かしてしまうかもしれない。


だからこれはまたとない絶好のチャンス、中島みゆきメドレーカラオケコンサートをやるぞ。

IMG_6589_201902250736201c1.jpg
なか…なに?


おかーさんが中学生の頃に流行っていたのはチェッカーズとか小泉今日子とかのアイドルだったんだけどね、おかーさんはあんまりそういうのに入っていけなくってね。今のイメージは知らないんだけど、あの頃は「中島みゆきが好き」って言うのは恥ずかしかったなあ、「暗い」って言われてね。まあ実際ガッツリ暗い歌が多かったけどね。まあそんなことはどうでもいい、とにかくだ。好きだったんだよ

そんなワケでお昼にオトモダチを呼ぶ支度をするあいだに、YouTube で知らない新しい歌を聞いたり知っている古いのを一緒に歌ったりガンガンとトバしていたのだ。大きな声を出すことはめったにないけれど、キモチいいよね。

それなのに。買い物に出した旦那が帰ってきてこともあろうに「なにこの曲?あんまりよくないね」とぬかした。

!!!


ワタクシ、この度リコンすることにいたしました。理由は主人が野蛮人だったからです。

IMG_6749_20190225075741bc6.jpg
国際結婚の闇ですね
るなはぱぱとくらすよ


ま、まあ冗談はそれとして、クイーンやシカゴを聞いて育ったヤツにはわかるまい。バカめ。

でもコイツの好みは知ったことではないからムシしてフィーバー続行。聞きたくなかったらあっちへ行ってろ。

IMG_6759.jpg
みゆきでふぃーばーできるのはままだけ


おう、ノリノリよ。でも最近(といってもここ20年くらい)のはあんまりドロドロしてないね。それにしてもこのヒトのキャリアは長いなあ。

IMG_6576_20190225081303920.jpg
フィーバーに、ノリノリ…恥ずかしい


かもーん(聞いてない)。


さ、スッキリしたしそろそろ荷造りしないとな(まだやってない)。

明日の行き先はフロリダ、過去の経験(例その、その、その)から言ってマトモに到着できる気がまったくしないが、それを承知で行かないワケにはいかない。無事に戻ってこれたらおなぐさみ、それがすんだらバケーションだ。がんばれジブン。








よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

もやもや


世の中にはジャムという食べ物がある。

なんですいきなり


くだものをお砂糖で煮た保存食、パンに塗って食べるよね。私がコドモの頃はいちごジャムしかなかった、ちょっと気取ってオレンジママレードなんて出てきたらそのオシャレさにおののいたものだ。

単なるくだものの砂糖煮だけど、あれって実は作り方によってイロイロ名前が違う。

「ジャム」は潰した果物を使う、いちごとかブルーベリーとかのベリー系がおなじみ。「ジェリー」は果汁だけでできていて、これはブドウがダントツ一番人気だろう。柑橘類を皮ごと使った「ママレード」と言ったらもうオレンジだよね。果物のカケラがジャムより大きめだったり丸ごと使ってあると「プリザーブ」、それでもって卵やバターが入ると「カード」になる。

そしてこれらをまとめて「スプレッド(塗るモノ)」と呼ぶ。複雑なること極まりない。

IMG_0271.jpg
それがどうした


いやここから本題。甘くした果物にこんだけ区別があるのにさ、海藻はぜんぶひっくるめて「シーウィード(Seaweed、海の雑草)」なのはあまりに大雑把なんじゃないかとつねづね思っていると、それだけのことなんだ。

IMG_0330_20180731102152586.jpg
くだらん


ワカメも昆布も全部まとめて海の雑草。お寿司の人気にともなってNORI(海苔)くらいはさすがに通じるが、テングサやモズクは存在すら知られていなくて聞かれたらやっぱり「海の雑草」と答える。ひじきや青のりなんぞはほとんど植物だという認識すらないだろう。

おいしいし低カロリーだしカラダにいいし、もっとポピュラーでもっと知られていてもいいと思うのに。「いちごジャム」と「グレープジェリー」は別物なのにワカメのお味噌汁ととろろ昆布のお吸い物はどっちも「海の雑草スープ」って、変じゃん。いやとろろ昆布のお吸い物なんぞ出てきたことは一度もないけれど。


いちど頂きもののとろろ昆布の説明に困って、そこから引っ張ってネタにしてみた。いっちょ「アメリカ海藻普及協会」でもたちあげようか。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ふくざつ


毎回とれるわけではないがタテマエでは旦那は隔週金曜が休みで、おまけに月曜日はカイシャによって休みだったりそうでなかったりするマイナーな祝日がありヤツは今回なんと4連休。私は普段から金曜は休みではないしうちの会社は月曜も休みではないのでフツーの2連休。ちっ。

ぱぱにおねだり


さて。

買い物の帰りに駐車場で若いカップルとすれ違い、ふと見ると彼女の腕にはフレンチブルドッグのパピーがボーっと抱かれていた。生後数か月と思われる、ぽっちゃりしてぷっくりしてふわふわして真っ白で、もうカワイイという言葉ではあらわせきれないくらいカワイくてその場で悶え死しそうになるくらいカワイイ。取り乱して言い忘れたかもしれないけれど、もんのすごくカワイかったんだよ。

…というのは大げさで、いやこのコはとてもカワイかったのだけれど、実は私はほんの一瞬すれ違っただけのパピーにとてもフクザツなキブンになったのだ。

IMG_2988.jpg
るなも、ぼー


フレンチブルドッグの多くは自分たちで生殖できず、人工授精と帝王切開によりヒトの手で繁殖させる。パピーのカンペキなルックスからしてもこのコはまず間違いなくブリーダーから買われた血統書つきの純血種であろう。

私自身は犬種の保全にまったくキョウミがないが、愛がゆえにかける特定の犬種の性質や外見の保存への情熱に共感はしなくても理解はする。私だってすらっとしたハウンドが大好きだ。

IMG_3016.jpg
ぴっとぶる でしょっ


いやピットへの愛はあとからきたというか選択肢がなかったからなりゆきというか、モゴモゴ。いや論点はそこじゃなくて。

ブリーダーの情熱は理解するがその存在には苦い思いがつきまとう、私の感情はフクザツだ。

IMG_2982.jpg
僕のブリードはその他モロモロ


アメリカでは毎年100万頭以上の犬がヒトの手によって死んでいくそうだ。日本での数はそれより少なかろうが、それでも数万はくだらないだろう。その数の多さに私のアタマはついていけない。

そのほとんどは健康にも精神にもまったく問題のない、ただ引き取り手がないというだけで殺されるのだ。温かい家族を待ちながら冷たい床の上で死んでいくイヌが毎日想像すらできない数いる反対でわざわざ新しい命を作り出すことにどうしてももろ手を上げての賛同はしかねる。


ところで、当然だがここで私が言うブリーダーとは犬種が好きで時には金銭勘定抜きでイヌの健康と幸せを第一に計画的に繁殖をするヒト達のことで、パピーを売るために親イヌの福祉もパピーの健康も無視したバックヤードブリーダーやパピーミルを含まない。これらはもう問題外、たとえ法にふれなくても命に対する犯罪だ。

IMG_2977.jpg
シェルビーは愛でできている


もし全国のシェルターがみんな空っぽだったら私の考えも違ったろう。ヒトが造ったイヌというドウブツをゴミとして処分するのではなく、ヒトが造ったドウブツだからこそ責任をもって幸せにする、そんな社会になるまでブリーダーは私にとってつらい存在だ。


新しいスマホを買うように新品のイヌを買うのではなく、ひっそりと家族を待っている中古のイヌを迎えてあげるヒトが増えてほしい。純血だろうが雑種だろうが命の重みは同じ、その与えてくれる愛の大きさにはなんの違いもないのだから。







シェルビーは里親さん募集中





よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このカテゴリーに該当する記事はありません。