しぇるびーのぽぴー


シェルビーの日課は毎日3回決まった時間のおサンポ、ゆっくりのんびり季節ごとにいろんなニオイをかいだね。

IMG_6280_20190803130614f56.jpg
このおはなは たくさんあるねっ


これはね、カリフォルニアポピー。春から夏にかけてこの季節ちょうど、よそのお宅の庭にも道端にもあちこちで咲きみだれている。白やピンクの花もあるけれどこのオレンジが一般的、濁りないどこまでも鮮やかに明るいこの色が私は一番好きだ。

そして次つぎに咲いたそばからサヤになり、その中に小さな種がたくさんできてくる。シェルビーとのおサンポの際に(ヒトんちの)熟れたカンジのヤツをひとつもぎってはジブンちの塀際に蒔くのを習慣にしていた、蒔くと言ってもゲートを入る際にサヤをばらしてパラパラと地面に落とすだけで上から土をかぶせたりお水をあげたりはしなかったんだけど。

それが今年になってかろうじて一株だけ、カワイイ花をつけたよ。

オレンジがまぶしい


ちっぽけだけれど底抜けに明るいこの花は、見るたびに私にシェルビーを思い出させる。

ヒトのそばにいればそれだけで幸せ、食べものがもらえたらもうこの上なく幸せ。くっついてナデナデしてもらえればそれ以上望むことはない、病気をたくさんかかえていてもシェルビーに悲壮なカンジは微塵もなかった。

IMG_5329.jpg
だぶるなでなでは だぶるでしあわせ


たくさんのモノは必要ない、お金もうけだってイミがない。欲しいのは、あなたの愛。


ヒトがもうちょっとほんのすこーしシェルビーのようになれたら世界の幸せは増えるだろう。人類の知識がどんなに増えてもテクノロジーがどんなに発達しても、ニンゲンがイヌにかなわないことは確かにある。

私は「アタマのいいニンゲン」だから欲張りで狭量で妬みも見栄もてんこ盛り、見えない未来を心配しては今を目一杯生きることができない。でもヒトだってイヌだって、最後の最期にいちばん大事なモノってそんなに違わないんじゃないんだろうか。

IMG_0333_20190803130220a3a.jpg
ここに いっしょに いなさい


これからここで毎年咲くだろうこの花は、私にとってシェルビーの花。

IMG_1678a.jpg
小さくても、たくましい


もしも。シェルビーのせいでペットのレスキューを考えてくれるヒトがいれば。「いらないドウブツ」を作らないために去勢と避妊を考えてくれるヒトがあれば。シェルターに寄付、ボランティアに参加、一回よけいにナデナデする。コドモを抱きしめる。病気に立ち向かう。なんだっていい。

シェルビーの名のもとに誰かがいちどでも動いたら。ならばそのヒトのため、そのドウブツのため、シェルビーの生に意味はあったのだ。


シェルビーは、決して、不幸ではなかったよ。あなたに愛されて、しあわせだったよ。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

一年たった


明日はシェルビーの命日、前のかいぬしのぷにゅママンさんからお花が届いた。

IMG_1692_201908021058363f3.jpg
きれいだね


一年かあ、時間はあっという間にすぎていくね。一緒にいた時はとても短かったけれど、シェルビーはたくさんのヒトに愛されたよ。

IMG_8440.jpg
あたしも みんなが すきーっ


ふふふ、かわいいなあ。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

きねんびはきのう


7月。2年前の昨日、私はシェルビーを家族に迎えた(ごめんシェルビー、一日まちがった)。

20170701_201046.jpg
あいかわらず あほ なのね


たくさん運転するから前夜に着いてホテルで数時間睡眠をとり、早朝にレンタルカーでカリフォルニアに出発。これがレジーだったらまずもたなかったろうけどシェルビーはぜんぜんヘーキ。クルマはオッケー、病院もノープロブレム、肝っ玉姐さんは最初から最後まで扱いがラクないいコだったよ。

20170701_115931.jpg
あんぜんうんてん しなさいよっ


12時間も運転してやっと着いた初日は疲れているし知らない場所だし、落ち着かずにウロウロと歩き回るシェルビーと一緒に私もオロオロ。最初のうちはふたりとも手探りでけっこうタイヘンだったけど、でもそのうち生活のリズムができてお互いに肩のチカラが抜けて手抜きも覚えてどんどんラクになっていった。

この部屋がけっきょくシェルビーの全世界になってしまったけれど。

20170701_203623.jpg
おもちゃも いっぱい こわしたのーっ


るなみたいにおサンポの際にふんばらないし、レジーみたいにヒトに飛びかからない。ヒトにオシリをくっつけてゴロゴロしていればそれで幸せ、あとはオヤツがたくさん食べられたら他にはなにもいらない。お外に出られるのは一日にほんの数回なのに、最期まで一度も部屋の中で粗相をしたことがなかった。

こんなにいいイヌだったのに、ジブンだけのおうちを見つけてあげられなかったのがかわいそうだったなあ。

20170702_131621.jpg
あんたの さがしかたが わるいから


すいません。


たくさん疾患をかかえていたけれど、おかげで私はいろんなことを学んだし経験した。糖尿病や腫瘍の種類などものすごく勉強したよ。おかげでもし将来るなやレジーにインスリンの注射が必要になってもあわてずに対処できるだろう。…レジーがおとなしく注射をさせてくれるかどうかは別問題だが。


お互いがお互いの一部だったずいぶんと濃い時間は短かったけれど。私の人生はそのぶん豊かになった、シェルビーもおだやかで静かに過ごせていたと思う。

…だってシェルビー、一年でむちゃくちゃ太ったもんな。えへへ。


そんなわけで、昨日は(だからゴメンって)お迎えの2周年記念日。







よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

げーむでしょうかん


シェルビーがいた頃は9時とか9時半とか、かなり早い時間にベッドに入っていた。

待ってるんだから 早く 来なさいっ


床に入ると言ってもこの時間にすぐに寝られるわけでもないので、片手でシェルビーを撫でながらスマホゲームをしていた。この頃はいちにちのスケジュールが分単位で決まっていてとても規則正しい生活だったよ。

ところでスマホゲーム、あれって根を詰めると目がかすんでアタマが痛くなるんだよね(いくらなんでもやりすぎ)。その後シェルビーがいなくなってまたダラしない毎日になり夜更かしもするようになり、ゲームはすっかりしなくなった。


でもパズルってけっこうおもしろいんだと最近またマが差し、ちょっと時間があいたときにこっそりダウンロードした。ゴロリとねっころがって、どれどれ。


そうしたら、私のカラダがシェルビーをおぼえていてびっくり。いつも私の左側、寄りかかる温かい重みがまるでまだそこにいるように、思いがけなくてとまどうくらいはっきりと思い出す。

IMG_7014.jpg
重いって いうなっ


重かったよ、とっても。ヒトにオシリをぴっとりくっつけて寝るのが好きなシェルビーはミがみっちり詰まってずっしり重く、クビの上に乗っかられでもした日には動けなくて息ができなくて痛くて、でもそれが嬉しかったよ。


今はゲームをしても私の隣はがらんどう、ぽっかりとからっぽの空間がとてもさみしい。


こんな風にほんなささいなきっかけでシェルビーはときどき私の元に帰ってくる。










よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

イチジクのおもいで


朝。出かける際に裏庭のイチジクが芽吹いているのに気がついた。またイチジクが降る季節がやってくるなあ。

ちっちゃい実が出てきた


ちょこっとカオを出したばかりでまだまだ小さい、食べられるようになるまであと2ヶ月くらいかな。

イチジクといえばシェルビーを思い出す。

IMG_9145.jpg
イチジク だいすき なのっ


るなレジにおうちの中でちょっと待っててもらって、シェルビーとはたくさんの時間をこの庭で過ごしたよ。あまり歩かなくなってからはよくここでふたりでまったりしたものだ。

IMG_9140.jpg
おっちゃん ドローンで あそんでるのっ


シェルビーのキョウミはもっぱら食べ物だったけどね。根気よく庭をスミからスミまで探してひとつ残らずたいらげて、それでもお腹をこわしもしないしもうたくさん、とも言わない真の食欲魔神。

IMG_9298.jpg
あたしは しんけん


疲れたらちょっときゅうけい。

IMG_0111.jpg
新しい イチジク 落ちてこいっ


見つける端からあるだけ食べて、あの頃の裏庭はいつだってキレイだった。イチジクがシェルビーの大好物だったね。

この春はヒトだけでは食べきれなくて、きっとたくさんムダにしちゃうよ。








よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このカテゴリーに該当する記事はありません。